2008-08-24

[]もっと、学校でテクニックを教えてみた教師の憂鬱

もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに

技術を教えてみた事例

先日、久しぶりに友人と遊んだ。夜になって酒が入ったところで俺が萌え絵とかそっち方向描いてることを暴露。あれ?大学で意気投合してから、もう6年来のつきあいだけど、いままで言ってなかったっけ?そういえば言う機会もなかったし、そいつと頻繁につるんでた頃は絵は中断してたもんな。まあそんなこんなで話は絵の方向に。

友人「でさー、高学年の奴らに遠近法教えたんだよね。やっぱり技術の上に立ってないと気持ち悪くて…。」

増田理系病だなw…しかし遠近法って…透視図法のことか?あれは難しいんじゃないか?俺でもきちんと使えるようになったのはほんのここ数年だぜ?…一応本来習うのは確か中学校美術だよな。」

友人「そうそう。だから、写真撮ってきてその上なぞらせたりしてさ。そうすると、意外と理解できるんだよ。『確かに一点に集まる!』って。」

増田「一点透視図法ってやつだな。ふむ、なるほど。理論後回しで、体験的に学習させる方法なら5・6年生でも行けるかも。」

友人「あいつらもさ、やっぱり『上手くなった!』って思えるから楽しいみたいなんだよね。」

増田「だろうなあ。写実は、現実に近くなった!っていう明確な目標が見えるからな。」

友人「でも、コンクールにはことごとく落ちたんだよね…。」

どっちがいいかなんて

増田コンクール…。」

友人「うちは、毎年10人ぐらい入賞させてたらしいんだよ。それが今年はことごとく…。『子どもらしくない』んだとorz

増田「…いや、まあ、しかし、コンクールなんて審査員ウケする絵が描けるかどうかだろ?『のびのび、元気よく、多彩な色づかい』みたいな。」

友人「…うん(´・ω・`)確かにそういうノウハウはあるね。」

増田「俺も低学年はそうやってのびのび自由に描くのがいいと思うんだ。その頃は『描くこと』自体が楽しいから。でも高学年になると、しだいに写実的に描きたいって欲求が出てくる子もいるだろ。そういう奴らには技術面を指導しても良いと俺は思うよ。」

友人「…でも確かにクラス全部、画一的な絵になっちゃったのは間違いないんだ。隣とかと比べると、これで良かったのかな…って。」

増田「まあ、写実はゴールがあるから画一化はするよな。でもさ、のびのび描く絵だって『のびのび』って名の下での審査員ウケ狙いの画一化じゃない。だから大丈夫だよ。入賞させる人数にノルマがあるって訳でもないんだろ?」

友人「でもコンクール入賞するってのは、子どもモチベーションになるんだよね。どっちが良いかは分かんないや…。」

増田「そっか…。難しいね。」

専門じゃないから分かること、分からないこと

教育大学小学校課程を勉強したとしても、美術系の授業なんて前後期で1授業ずつぐらいだし、絵画技術なんて教わらない。友人もこの透視図法教えるために相当自分で勉強したんだろうな。自分は絵が苦手だって言っていたから、きっと子どもに苦手意識を持たせないにはどうすればいいか、自分なりに試行錯誤して「技術を学ばせる」方針にたどり着いたんだろう。新米だから風当たりも強いに違いないのに、よくやってると俺は思うんだ。

こういうのって教える対象子どもの発達段階による部分も大きいし、専科を作れば解決って問題でもない。(専科になったら苦手科目で目を回してる教員は嬉しいだろうけど。)

教育に一般解はないんで、だからこうやって現場現場なりに日々もがいてますよ、と。できれば「教師は…」ってひとくくりにしたり、「教師だめぽだめぽ」って責め立てたりしないで、力を貸してくれると嬉しいな、と。そういうことが言いたくて増田

友人「でさ、俺のキャラクターって言うか、カットって描ける?ああいうのあるとプリント作りやすいんだよ!」

増田「おまwww…おk、似顔絵は苦手だが教採終わったら頑張ってみるわwww」

※この文は全てフィクションです。実在の人物・団体・思想とは一切関係がありません。

参考

俺らが逆らえない何か。(指導要領は実は法律として効力を持つ。)ネットで指導要領見られるって知らない人多いよね。


指導要領解説(実際に参考にするならこっち)もあるよ。いちいちZIPだけど、そこはお役所クオリティって事で。


(追記)

この話、結構意見がばらけてますね。自分のは文章がまとまってなくて申し訳ない。

これ、美術とかに限った話じゃなく、「発想の土台となる基礎知識をどれぐらい教えるか」も同じ話だと思うんだ。例えば「理科で草花の名前を単純に覚えさせるの、どうするよ。」みたいな。つまり「知識と経験の比率」だね。詰め込み教育は知識重視、ゆとり教育は問題解決学習や応用力を重視している…だから経験重視だ。

この文だと分かりにくいのだが、この友人は絵がコンクールに通らなかったことや方針そのものに落ち込んでる訳じゃないと思う。たぶん、さじ加減が強力すぎたんじゃないか、詰め込み偏重になってないか、てことで考えてたんじゃないかなと思う。元増田みたいな「もっと基礎を」という意見が出てきたり、友人みたいな悩みを持つ現場があったりするのは、ゆとり教育見直しという現状をよく表してるんじゃないかと思う。

えっと、だから言いたいこととしては、「ハンドルは切られ始めてるよ!」「でもどれだけ切ればいいか現場も(たぶん)文科省も悩んでるよ!」「だからあんまり現場を十把一絡げでいじめないでね!」「文科省任せにしないでいろんな意見が出た方が良い気がするから、ゆっくり議論していってね!!!」…かな?

記事への反応 -
  • どうも日本の学校って、何かと精神論になりがちなところがある気がする。 少なくとも俺の通ってたとこはそんな感じで。 例えば小学生の時。絵を描きましょう、なんて時間になったと...

    • もっと学校で、テクニックを教えてくれればよかったのに http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 技術を教えてみた事例 先日、久しぶりに友人と遊んだ。夜になって酒が入ったところで俺が萌え...

    • 日本では、技術が有る人間をそれだけで高く評価したりしないが、精神のある人間ならそれだけで高く評価してくれる。 精神のある人間になら、組織のノウハウさえ分け与え、結果とし...

      • そんな手順ばかり踏んでるから技術が継承されていかないんだろうなぁ… 実際の所精神と言うよりも相手に都合良く振る舞ういわゆる空気読む力の問題だし

    • 単純にさ、教師になる過程で、そういう教育は受けてこなかったんじゃない?

    • 図工・美術ではテクニックは教えない・教えてくれないなぁ。 指導要領にはテクニックの指導って書いてないよなたしか。 教科書の指導書にも……ない。教育課程にもテクニックについ...

    • わかるわかる。学校だけじゃなくて本格的な稽古事でもそうだったりするんだよな。 だから、単に不器用だったり要領が悪いだけの人間が「才能がない」と思いこんでスポイルされてし...

    • 絵の話、なんか共感できないなーと思いながら長時間眺めてて、ようやく理由が分かった。 俺は元増田と違って「どう描くか」を考える前に「何を描くか」を考える人間だったってだけ...

      • 一定以上のレベルの芸術の話すると、実は「何を書くか」の「何を」が全くなくなったときこそスゲーもんができるんだけどね。そうするとそこに残ったものは純粋な「技術」なんだけど...

        • なんとなく言いたいことは伝わるんだが、元増田の言う「自由に描け」は「周りにある好きなものを好きなように描け」程度の話じゃないの? 俺が書いたのはあくまで小学校レベルの図...

    • 技能教科ってのはあれ、要はダイジェストだけ体験しましょうって方向なんだろうな。国語でも文法はともかく、小説なんかだと日本や世界の文豪の書いたもんをダイジェストでほんのち...

    • まぁ、増田の個人的感想はわかったよ。 全然別の考え方があって、小学生のときから作文や絵画で細かいテクニックを詰め込み、そこを指導しても入り口でやる気をなくすだけだから、...

    • これはすごくよくわかるなぁ。 自由自由って、おまえらどんだけ楽してるんだって感じ。 勉強または趣味がなぜ楽しいのかというと、自分が成長する実感があるから楽しく感じるんだよ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 芸の世界では、とにかく型を教える。 「こう」するっていうのをとにかく覚えさせる。 どんなに先鋭的な芸人でも、最初に覚えるのは「型」。 型を覚える...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824154207 学校教育の図工美術って、「こういう作品を作りなさい」っていう「型」が示されてる? 明確に型にはめられて、そのための技術を習得できたらいいのにね...

        • そんな奴は使えないからいらない。 技術なんて学べばいいけど。 子供のうちに鍛えるのはそれ以外の部分が主。 文章を書く、絵を書く、工作を作る。 技術なんてどうでもいいんだ、そ...

          • とにかく発想させる。これ大事。 なぜ「発想させる」のが大事なのかも分からないし、そもそもここで書いてある 「発想する」って何のことかもよく分からないんだけど、 こういう...

            • もはや思想の領域なんだろうな。 理由なんて無いんだと思う。 「自由な発想が大事なんだ!なんで大事かというと、大事だからだ!」 と言っているだけで、こういう人を説得するのはた...

        • 技術・技能がなきゃね、発想を形にできんのですよ。 発想の仕方ってのをね、教えてくれてもいいんだけどその前に、発想を表現するための技能がないとね。この絵はなんですか?餅?...

      • 型を覚えるから独創的な「型破り」が可能になる。 型を覚えないで、やっちゃうと「型無し」と言うそうだ。 いいね。すごくいい。先人の知恵に触れた感じ。 型より入りて型よりい...

        • (ぐぐったら0件だった!!なんで!!) http://anond.hatelabo.jp/20080824233940 ※注 13歳頃からはほぼ一日中図書館で過ごすようになった。 ググレカスはローマで孤独に一生を終えた。 ...

      • 『ドラゴン桜』より。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 これを見て思った。 「あぁ。人々が必要としている教育っていうのは、技術であり、手法なんだ。」と。 現実生活で役に立つ、How to や ライフハック(笑)...

      • テニス教室で、日本では指導者が「フォームが崩れているからこうした方がいい」という。 アメリカでは、「そのフォームだとこの点はメリットだが、こっちはデメリットになる。ど...

        • 確かにフォームの存在さえ示されてないことが多いよな ってかね、「何の為にやるか」が提示されず、「授業だからやりましょう」で興味を持つはずがない 目標は自分で見つけるもの...

      • 君がどれだけ入念に準備してるのかは知らないが、そんなことやってない教師は腐るほどいる。 前にも書いたが 俺は小学校のとき、文章で句読点を打つ場所の基準がさっぱりわからなく...

      • そう、自分で立てる目標はまさに自分で立てるのであって、学校が「自分で立てろ」というものではない。学校は純粋に技術だけ教えて、それを使ってどうするか、何に使うかという目標...

      • どっちがいいんだ? ほら、目標は自分で立てようよ。 うぜえwwwwwwwww きもいんで教育をネタにオナニーすんの下さいww

      • いや、あのさあ。 何も知らないゼロの子供に、「自分で目標たてろ」、しかも、「自分で目標をたてるんだぞ」とも言われず、何も言われない状態で、「目標は大事だ。だから、自分で...

        • などというたいそうなことではないけど 真の力ってのはまず模倣。型。そういうのをつめこんでこそ、自由にやる力、自分で考える力ってのが生まれる。 http://anond.hatelabo.jp/20080824220728 ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080824165021 発想の元となる考えるための素養とは、必要な知識と技能である。 これを習得することは、パターン認識による推定的な学習に不可欠である。 ∴学校教育...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 http://d.hatena.ne.jp/ktp_oioi/20080823 最近、学校は何々してくれない、あるいはしてくれなかった。 (してくれてたら自分はもっとできる人間になったのに) 先...

    • 美術の教え方が悪いっていうのは、世界的な問題なんだよね。 イラストが上手なヤツで読んでない人は居ないというぐらい有名な本「脳の右側で描け」というのがあるんだけど、そこで...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 絵の描き方を習ってないって、それは嘘だろう。 教えてくれてるよ。普通に。 まずは道具の使い方。 絵の具の使い方、パレットの使い方、画板の使い方。...

      • とりあず、増田のいう教育システムが「もっと高度なことを学びたい」という奴を救うシステムにはなってないということが分かった でも、そういう人は中学校なり高校なりで「技術...

        • いやほんとにそうだよね。スイミングスクールで泳げるようになる奴はいても、学校の水泳の授業で泳げるようになる奴なんていなかったよな。学校の水泳の授業は泳げるようになりたい...

          • 小学校の体育の授業で酷い目に遭ってたよ。 鉄棒ってさ、前回り→逆上がりって教わるよな。 んでさ、俺、ちっちゃかったのよ。 飛び上がって前回りの準備の態勢になれないのね。 棒...

        • >>その頃には興味も薄れてるんじゃないかと<< 興味が薄れるっていうより、偏見を持ってしまうんじゃないのかな。 興味があろうとなかろうと授業で絵は描かないといけないか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824093755 この話に納得するおれと、 http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 この話に納得するおれがいる。 思うに前者的な方法によって能力を身につけようとする場合はとに...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 高校のときバドミントンやってたけど、技術的な指導者がいなかった。 オレは小学校のときから上手い人に教えてもらってたから、ある程度技術を持った状...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 教えるだけの技術を教師が持ってりゃいいけど普通に考えてそんなのもってる訳がない。絵や音楽、スポーツなんて努力じゃ才能には勝てない訳で(多分他...

      • 教科書か指導要綱にさらっと書いときゃ良いものを書いてないからだめなんじゃない? 教師が教えられないというよりは、システムの問題だと思う。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080824041507 「課題は自由です」「方法は自由です」 こんなんが自分は大の得意だった。 周囲の生徒が目標さえ決められずダラダラグズグズしている間、ウキウキしな...

      • ネットにものを書くような連中にとって、学校とはまだまだ先生なんだな。 もう何年かすると、 クラスがもっと静かだったら、私はもっと勉強ができる子になっていたのに どうして...

    • 今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 14 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2073users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 15 【2012超まとめ...

      • 前提 「iPhoneアプリを作りたいなら」ではない。 「売れるアプリを作る企画力」や「イケてるUIを作るデザイン力」なしに、「アプリ開発に必要なObjective-Cの技術力」だけあっても意味...

        • ■http://anond.hatelabo.jp/20120229223543 半導体は日本の国策みたいなもんだかんな ■http://anond.hatelabo.jp/20120926165407 業者宣伝乙って感じだけど有益な情報もけっこうあるかねいいね ■http://anond.h...

      • 今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

      • 今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

      • ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

      • ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん