2021-05-13

anond:20210513184003

うーん、元の「異能バトルが人気の頃はよく言われてた」ってのが、具体的にどんな状態だったのかよくわからんけど、

現実なら取材がいらない」って認識が、作者じゃなくて批判者がそう思ってただけの話なら、創作者にとっては最初から何の問題にもならない話だわな。ムチャな批判なんて、ある程度の人数を対象にしようとするとゼロにはならん。

批判者の言うことは当たってないという信念を持ちつつ、でも言われていることは気になる、って、さすがにメンタル豆腐すぎへん?

記事への反応 -
  • 現実ベースで書いたら「ファンタジー世界を構築できる知識がないから現実に逃げてる」とか言うんだろ。水を差したい奴はええって。

    • 「現実に逃げてる」作品って具体的に何だ。そんな批判見たこと無い。 ライトファンタジーのほうが自分で設定いじれるぶん、はるかに敷居が低いけどな。

      • 異能バトルが人気の頃はよく言われてたぞ。 現実を舞台にすれば取材も知識もいらんから楽なんだろう。 ファンタジーは設定を作るのが大変だから最近の若者は嫌がるんだろう。 とか...

        • 現実なら取材がいらない、って認識で小説書こうとしてるのか。すげえな。 取材も知識なしに現実的サバイバルものが簡単に書けるって、さすがに頭おかしくねえか。

          • 現実なら取材がいらない、って認識で小説書こうとしてるのか。 そもそもここから誤読してるよね。その認識なのは小説家ではなく批判者でしょ

            • うーん、元の「異能バトルが人気の頃はよく言われてた」ってのが、具体的にどんな状態だったのかよくわからんけど、 「現実なら取材がいらない」って認識が、作者じゃなくて批判者...

          • だからそういうことを言うやつは 結局「馬鹿にしたい」というのが先にあって 「現実が舞台なら大変」も 「ファンタジーが舞台なら大変」も 後付けの理屈を捏ねくり回しとるだけやね...

            • 誰にも馬鹿にされたくない、ってのが先にあるなら、小説書くのなんてやめとけ、としか言えんよなあ。

              • 「創作者は馬鹿にされることを覚悟しろ」と「だから創作者を馬鹿にしていい」は違うぞ低能

                • 誰が創作者を馬鹿にしていい、なんて書いたんだ? 本物の馬鹿か?

                  • おっと挑戦者の綺麗なジャブが決まった!

                    • ただチャンピオンも首を捻ってますからねー まだ余裕が感じられます

                  • 「ああいう人間はこういう理屈で創作者をバカにしているぞ」という話に 「バカにされたくないなら創作者をやめろ」と言ってのけた人の発言とは思えませんね〜

                    • さすがチャンピオン! カウンターが綺麗に決まった!! どうですか解説の増田さん

                      • これは強烈ですねー 挑戦者はコーナーに追い詰められてますけれども、コーナーワークには定評があります

                    • 誰が「創作者を馬鹿にしていい」って言ったのか聞いたんだが。日本語が通じないようだな。 創作者がどうあれという話は、批判者に許容を与えることを意味しない。混同して絡んでき...

                      • 俺は「創作者を馬鹿にする人間」を批判していた。 おまえは「馬鹿にされるのが嫌なら創作をやめろ」と言った。 つまりおまえは「創作者を馬鹿にする人間」を擁護しているか、 全く...

          • 「リアリティだよ!リアリティこそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり、リアリティこそがエンターテイメントなのさ」

        • 異能バトルな時点でファンタジーだろ…

      • 現実はなんなのか 真実はどこなのか 悩むほど遠ざかる 蒼い星 天使のような悪魔の笑顔

    • その通りだろ 悔しかったらハリーポッター超えるファンタジー書けってこと

    • 現実に即した知識や実体験に優れるやつは、現実世界で物語つくって勝負する ガッツリファンタジー描きたいやつは、違う世界の成り立ち・仕組みをしっかり作り込み勝負する どっち...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん