2017-11-17

実写版ハガレン賛成派なんだけど。

だって実写版って生贄がなければ、

荒川先生が0巻なんて新作書かなかったろうし、

出版社もまたハガレンビジネスしようと思わなかったろうから

ハガレン展とかもやらなかったろうから原画見れる機会なんてもうなかったかもしれないし、

実写版から入った人がなんだ原作のほうが

数兆倍おもしれえってなって荒川先生お金がまた入って、

何だったら出版社愛蔵版出してくれるかもしれないし、

もし実写続編がなんてことになったら、

さらハガレン新作やら書いてくれるかもしれないじゃん。

等価交換の贄として実写版

原作クラスタに燃料を今更再投与してくれて、

さらに再々投与への贄にもなってくれるなら

とりあえず実写化した意味自分には充分あったよ。

  • anond:20171117105506

    ビジネスとしての意味はあると思うけれども、映画としての是非は観てから叫ぶことが、私は順当だと考えています。 ですので実写化には賛成でも反対でもありませんが、映画単体で考...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん