2017-03-08

区切り方が口語と違う歌

区切り方が口語と違う歌を聴くと、イライラするんだよっ!

どんなものか、分かりやすい例を挙げると、今NHK連続テレビ小説主題歌。(Mr.Childrenヒカリノアトリエ』)

この歌は全編当てはまるのだが、例えば歌い出しから。

雨上がりの空に七色の虹がかかる


↑これをな、↓こう歌うんだよ。

あめ_あが_りの_そらに_なな_いろの_にじ_がかかる



普通に読むなら、多めに区切る(1文節で区切る)としても↓だろ?

「あめあがりの_そらに_なないろの_にじが_かかる」




まるで小学生が無理やり当てはめた替え歌みたいだ

って_そん_なに_たん_じゅんじゃな_い

それ_くらいわかっ_てる


小学生替え歌なんぞ、一日経てば忘れてしまう。

でも、Mr.Children の人が才能あるのは認めているんだ。

才能あるからいい曲多くて、一度聞くと耳に残ってしまう。

からなおさら始末が悪い。

はやく次のドラマになんねーかな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん