2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160403224448

同志よ!

いや、私の趣味はどちらかというとフレーバーティーなのだが仲間を名乗ってよいだろうか?

世の中の喫茶店と称するものティーバッグが出て来たり、勝手砂糖を入れたり、挙げ句の果てに檸檬の輪切りを浮かべたりして嘆かわしい。

香りがわからなくなるではないか。愛はないのか。

コーヒー豆は多数用意するのに紅茶一種類、それもだいたいダージリンだ。

今日おすすめコーヒー」はあっても「今日おすすめ紅茶」はない。

この扱いの差はなんだ。

その点、つくばにある花水木 は本当に素晴らしいのでぜひ東京まで展開して欲しい。

香りは華やか。オリジナリティに溢れて尚万人に愛される味だ。

ルピシアが好きという人は一度飲んでみて欲しい。多分気に入ると思う。

もう1軒勧めるなら

ジャンナッツティーだ。

猫の紅茶。こちらはかなり香りが強く癖があり、人を選ぶ。

(強い香りに弱い人は紅茶酔いするかもしれない)

普通フレーバーティーに満足できなくなったなら試してみて欲しい。

自分のための一杯」に出会えるかもしれない。

記事への反応 -
  • https://anond.hatelabo.jp/20160403224448

    コンビニでコーヒーが売られるようになってますます思うのは 紅茶党ってコーヒー党と比べて少ないのかなぁということ 未だに苦味に慣れずミルク無しでは飲む気にならないんだけど ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん