2011-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20111201145030

多くの人がフィクションに求める目的の多くは現実逃避にあるのだし、残念ながら本腰を入れて作品を嗜もうなんて考える人はじつはそれほどいないのが事実

だいたいあんな幼稚なフィクションを本気で楽しんでるのは、学生かあるいはその程度の脳しか持たない連中だけでしょう。そして結果として現実逃避できればおk

しか日常系にうつつを抜かそうが、たとえばフョードルドストエフスキーの「罪と罰」を読んでこの上なく自己顕示欲を増大せしめようが、何をしたところでどれもこれも本質的には大差ない。

ただベストセラーや何かを見ていると受け手の質が低下したかなという気はしてくるけれど。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん