2014-10-07

人生RPGよりもシューティング

人生はずっとRPGだとおもっていたのだけど、

どうやらシューティングに近いゲームだと気付いた。

俺は勇者ではなかったし、世界も救えない。

魔法も使えないし、敵を叩き割る腕力もない。

ただ、目の前の仕事課題を倒し続ける。

同じ所を何度も残機をつぶしながら、

繰り返してどうにか死なない方法を覚えて

ボスに行って、またつぶされる。

ようやく次のステージに行っても、また同じように繰り返す。

普通シューティングと違うのは残機数は自分で設定できることぐらい。

ムリゲーに絶望してコンティニューしますか?をNoにするまでは

何回でも何回でも挑戦できるマゾ仕様

先に行ってるやつらは、死んで強くなれとか、

大丈夫慣れだからとか言うけど、お前らとは違うんだよと

心の中で叫ぶわけで。

どんどん開いていくスコアの差を見ながら、

俺は絶望するしかないなと、

火曜の朝から家でゴロゴロしながら考える。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20141007105203

記事への反応(ブックマークコメント)