2020-07-03

ヒラギノは美しい。ヒラギノールと呼ぼう

ヒラギノ明朝が好きだ。
二十年前、まだ入稿が紙面の版下入稿だったころ、ディスプレイを彩るヒラギノ見惚れたものだ。
OKIプリンタ印刷されたヒラギノもまた格別の美しさだった。
色校後の確認作業の時も、白と黒の転調の中で浮かび上がる優美な曲線に心を打たれた。
ヒラギノ普通に呼ぶなんてもったいないと感じる。
夏の日の少女の決意を思わせる、凛としたフォルム
夜空の花火を思わせる紙面に広がる清楚な華。
それがヒラギノだ。
まり何が言いたいのかといえば――。
字には、



字にはヒラギノーーーール。

  • ヒラギノなのかヒラノギなのか分からなくなる病の特効薬になるのでは

  • 本文を読まずに増田と同じ事をブコメする奴が現れる(予言)

  • 最高のフォントはメイリオだぞ

  • 昔にDTPの仕事を始めたときに一番感動したのは新ゴだったな 美しさにめちゃくちゃ感動した

  • ブラウザのせいか明朝体にしか見えないヨ

  • おれはリュウミンにタマシイを持ってかれていまも使ってる。

  • むかしのMac板で、等倍表示は美しいと原稿用紙AAで縦書きしていた人のAAをもう一度見たい

  • 極太ヒラギノ角ゴだいすき ヒラギノ明朝きらい どんな明朝でもそうなんだけど、明朝なんて長文読むときに建蔽率が低く見える以外のメリットないやん

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん