2018-01-09

Kanon

この季節に「風の辿り着く場所」を聴く

それだけで十分なんだ。

凍てつくような寒さ。

いつも見ていた光景が、白く変わってゆく。

透き通るような街並みの中を、寒さを知らずに駆け抜けていた。

この世界に、あゆはいないけれど。

あゆのいたあの世界が目の前に広がっている。

列車に揺られ辿り着いたそこは、一面の雪に覆われ。

あの頃を思い出すには十分すぎるほどだった。

Keyという存在に初めて触れた青春

厚着したコートに積もった雪を払い落とすたびに"Kanon"の世界に誘われる。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん