2015-07-31

ある日の職場でA氏と二人きりになる機会に恵まれた。

雰囲気正反対な割に意外と話が合い、おそらくお互いに好意がありそうな感じ。

我々の会話はいつも、A氏が私に何か質問→私が答える→A氏のツボにはまり爆笑、みたいな感じで進む(?)。

その日もそんな感じの流れのなか、ふとA氏が口を開いた。

A「…私さんは彼氏はいるんですか?」

私「う。(とうとうこの質問をされる時が…来てしまった!!!)」

うーん、うーん。

私「…ではAさん、もう一度「私さんは彼氏はいるんですか?」と聞いてください。

  そうしましたらアタクシが「恥ずかしながら…いません」と答えますので、

  Aさんはそこに何か一言、気の利いた返しをお願いします」

A「え、え」

私「はい、Aさん早かった」

A「私さんは…彼氏はいるんですか?」

私「はずかしながら・・・いませんッ」

A「こんど、マッドマックス見に行きませんか???

私「V8V8V8V8!」

みたいなことが起きた。(起きてない)

後日マッドマックス一緒に見に行ってそのあとめちゃくちゃセックスした。(見に行ってないししていない)

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん