2015-12-02

貞本エヴァに感じる物足りなさ

Kindleコミックエヴァ、全巻700円で買った。読んだ。

90年代チックな作画はオジサンの涙腺をバシバシ刺激するし、話も面白い

だけど、アニメ版観る時の衝撃は感じない。

後頭部を鈍器で殴られるような、あのショックがない。

アニメじゃないエヴァは、エヴァじゃない。

東浩紀も「エヴァ最初に観たのは、テレビ放映時の第24話。途中から観たわけだからストーリーなんか分からない。だけど純粋映像作品としてよく出来ていると思って最後まで観た」って言っている。

脚本じゃなくて、カット演出劇伴アウラが宿っている。

シナリオは滅茶苦茶だよね。人類補完計画シンジ補完計画にすり替わって『おめでとう』

何がおめでとうじゃい。わけわからんわ。

旧劇は辻褄合わせに必死で、アニメシリーズの勢い・インパクトがない。

からエヴァの魅力は、ストーリー以外の部分にあるんだと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151202133027
  • http://anond.hatelabo.jp/20151202133027

    アニメ版エヴァは雰囲気が良かったんだよね。 目の前には目的不明、戦い方も不明な不気味な存在、使途が立ちはだかり、 背後には、ネルフの陰謀めいた伏線がいくつも張り巡らされて...

  • http://anond.hatelabo.jp/20151202133027

    本題から逸れて申し訳ない。 老害の愚痴です。 元増田は『コミック版』に対して『アニメ版』という言葉を使ってるし、『テレビ放映時』という表記もしている。これはいい。 しか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20151202133027

    「使徒を…食ってる!」が衝撃で。見続けましたね。 進撃の巨人のインパクトと同じ感じ?

  • http://anond.hatelabo.jp/20151202133027

    貞本エヴァに足りないのはデーンデーンデーンデンドンドン

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)