2015-10-27

オタクから娘を守った

先日、幼い娘を公園で遊ばせていると、いかにもオタクしか思えない男2人が娘に近づいてきた。

娘はプリキュアが好きで、まだ「ぷいきゅあ~」ぐらいしか話せないのだが、この日もプリキュアごっこをして遊んでいた。

オタク2人は、そんなプリキュアごっこをしている娘を見て、どうやら同士だと感づいて、この公園へ来たようだった。

お嬢ちゃんプリキュア好きなんだ~」という言葉を皮切りに、オタクたちは娘に質問を浴びせかけていた。

作画がどうたら、演出がどうたら、シリーズを通してどうたらとなかなかに手厳しい質問で、さすがオタクだと私は少し関心した。

しかし、私の娘もいちプリキュアユーザーだ。プリキュアユーザーの端くれとしてオタクどもをぜひ返り討ちにして欲しい。

しかし、私の望みも虚しく、「ぷいきゅあ~」しか話せない娘は、オタクもの質問に上手く応えることが出来ず、戸惑っているようだった。

娘の言葉にできない悔しさを、私は感じた。

「おい、もう勝負はついてるだろ」と私はオタクたちを止めようと声をかけた。そしてオタクどもにお返しにと、両方の顔面にパンチをお見舞いしてやった。

オタクどもが訳の分からないことを喚きながら、のたうち回っているうちに、私は娘を公園の裏口から逃げるよう促し、娘をオタクから離すことに成功した。

私も娘と一緒にプリキュアを見ていたプリキュアユーザーの端くれだ。知識では勝てなかったが、パワーで娘の無念を晴らそうと思う。

その後、オタクたちと私は戦った。しかし、オタクたちの息の合ったコンビネーションの前に私はとうとう屈し、ボロ雑巾のようにされてしまった。

病院のベッドの上で私は反省した。彼らはオタクらしく、プリキュアを熱心に見て、息の合ったコンビネーションを完成させたのだろう。

知識でもパワーでも我が一家は敗れてしまった。完敗だ。

「ぷいきゅあ…」と力なくつぶやく娘の頭を撫でながら、私たちは再起を誓った。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151027084358
  • http://anond.hatelabo.jp/20151027084358

    釣りにしてもつまらん。 キャッチーなタイトルと途中までのやりとりで釣られてブクマしてるやつアホじゃねーの こんなのに2桁ブクマやるのもったいないよ

  • http://anond.hatelabo.jp/20151027084358

    Why so serious?

  • http://anond.hatelabo.jp/20151027084358

    早く娘さんが戦えるようになると良いな・・・

  • http://anond.hatelabo.jp/20151027084358

    ×関心した ○感心した

  • 2015年 増田文学傑作選

    傑作選とは言ってみたものの増田文学を収集し始めたのは4月からだし見落としも多いと思う。とりあえず気になった作品を並べてみる。 葬式饅頭 http://anond.hatelabo.jp/20090409060156 いじさ...

    • 2015年増田10選

      増田文学や個人的な体験談を中心に。 順番は特に付けないが、俺的増田大賞は「ホモがFableIIIというゲームをプレイした話」にあげたい。 02/11 仕事終わって近所のスーパー行ったら 67 ...

記事への反応(ブックマークコメント)