2010-09-24

脱オタを志し、女に叩かれ、好き勝手に生きるようになった軌跡

四年前位から僕は脱オタを目指してきた。

大学に入ったし、いっちょやってみるかといった感じ。

その当時はオタ趣味の当りが辛かったし、格ゲーが大好きな典型的キモオタだったから。

(高校時代は本当に辛かった。現状を打破したいという気持ちがあった。)

さすがに今のままではマズイだろうと感じ、色々変えることにした。

何よりも参考にしたのは「脱オタ恋愛庫」moteo氏のサイトだった。

 

http://www.geocities.jp/moteo2005/

 

当時は分からなかったが、今現在から振り返ると、

脱オタに必要な自意識劣等感ケアと、実際に自信を付ける為の処方箋だったと思う。

そこをこのサイトは上手く補完してくれてたと思う、脱オタしてる時は勇気を貰った。

 

 

さて、実際の脱オタの軌跡は沢山の回り道と沢山の失敗だらけだった。

服装分野の最初は体型が細かったこともありサロン系から入るものの

顔がサロン系イケメンではなかったので、途中で挫折

原宿とかの古着屋でそこそこの服を買い集める日々が始まる。

(勿論沢山失敗している。その度に「styling report」 

http://www.style-connection.net/report/を見て問題点を考え解決していった。)

髪は毎月原宿美容室で切ってもらってた。

バイトは「やるなら一番エグい所だろ!」と意気込んで、某大手のカフェで働いた。

当然、コミュ力も無いしダサい人間人間として扱われなかったので辛かったがめげずに頑張った。

サークルにも入ったが、あのなんとも言えないヌルい揺り篭のような雰囲気に馴染めなかったので、そのうち行かなくなった。

バイト先で駄目な所は駄目と行動から服装、髪型に至るまで具体的に女子から指摘されていたので、

それをされないと「陰口を言われてるんじゃないか」と当時は不安になった。

今思えばこの「女子から常に指摘された」お陰で今があると思う。感謝。)

 

 

二年になるくらいからふとした切っ掛けで彼女が出来た。

(授業で隣の席になり、課題を協力してやるようになり、終わったら一緒に飲んだりしたら、バレンタインに告られた。)

別に好きになったわけでも無かったが、彼女と付き合えてる自分認識し自信を付けるには十分だった。

付き合うには服装は良く言われる脱オタレベルで十分だと思う、必要なのは相手の気を察知して引き出す力。

しかし、当時の自分自分感情を殺し相手の気持ちを察知する方に服装も行動も偏っていたのでもっと自然に生きたいと感じるようになっていた。

 

 

そこで、様々なショップを回り、古着や安い服で沢山失敗した経験を元に

ソコソコ値段のする「自分の着たい服」「自分に合う服」を買い集めるようになった。

districtやドレステリア、edition等に行くようになる。

自分が好きな物は「シンプル且つ華奢な自分に合う質の良いもの」だったのでこのラインナップになった。

そのうちドンドン服や自分のやりたいことに傾向するようになり、彼女とは別れたが寂しくは無かった。

(「彼女と付き合ってる自分」というのが無くなるのはちょっと痛かったが、自分を大切にするのは楽しかった。)

今ではこの服を着て誰とどこに行こうか、或いはどこどこに行きたいからこんな服が欲しいなと考えるだけで楽しい

バイト先でも脱オタに気張ってた昔よりも「オサレさん」と言われるようになったし「イケメン」とも言われるようになった。

ついでに時間帯の責任者にもなった。(気が付いたらなってた。)

一番の変化は劣等感に突き動かされるのではなく、好奇心に突き動かされるようになったこと。

別に世間で言う「モテ」になりたかったわけじゃなかったし、毎日を以前よりは楽しめてる。

無理をせず好きな音楽聴いて、好きな服装や髪形して、気の合う人達と飲みに行ったりすることが本当に楽しい

自分のことを受け入れて欲しい!」という強い脅迫概念が無くなって

自分の事を受け入れてくれたらいいな」という軽い気持ちになった。

 

 

そもそも自分が憧れていた像が優越間や劣等感に縛られず自由に楽しく生きる人達だったから、これでよかったと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20100924013433
  • http://anond.hatelabo.jp/20100924013433

    無理をせず好きな音楽聴いて、好きな服装や髪形して、気の合う人達と飲みに行ったりすることが本当に楽しい。 格ゲー、というかオタク的な行為はもうやってないのか。 それ全然好...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100924013433

    オタクをやめた、やめたいといった書き込みを時々見かけるが、やめるとどんな良いことがあるの?

  • 自己変革に対する批判

     自己を変える、というフレーズは何やら肯定的な感覚を覚えさせるものである  しかし自己変革とは、実際に覚える印象とは別に、重大なデメリットを抱えた概念なのではないかと私...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100925181756

      こういう人達って、ありのままって感覚が理解できないんだろう。 結局他人の目が気になってしょうがないわけだから。そこから抜け出すために、成功者として「勝手に」考えてる像に...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100924013433

    元増田です。ブコメの多さに正直驚いた。 まさかこんなにも色んなリアクションが見れるとは思わなかった。(叩きも含め) 読んでくれてありがとう。ちゃんと実話です。   ここで大...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100924013433

    こういうのにブクマが集まるのってどうしてなんだろう。理由とかあるのかな。 おそらく、脱オタクということに共感してる人が多い、参考にしたいと思ってる人がいるんだろうけど、...

記事への反応(ブックマークコメント)