2021-02-12

anond:20210130154542

https://ja.wikipedia.org/wiki/アプガ指数

皮膚の色

0点

全身が蒼白

全身が青紫

1点

身体が淡紅色

四肢チアノーゼがみられる

先端チアノーゼ

2点 

全身が淡紅色

チアノーゼがみられない

生後1分と5分に、上記の5項目について評価を行い、その合計点によって下記のように判定する[3]。5分値が7点未満の場合には、7点以上になるまで5分ごとに20分まで記録するのが望ましい。

>>>>

まれとき全身が緑がかった紫色→(時間経過)→薔薇

「あるある」のようだ

記事への反応 -
  •  心室中隔欠損症とは、文字通り心臓の右心室と左心室を隔てる壁の一部が欠損している、先天性の心臓病だ。手術さえ成功すれば予後は良いらしい。  私の場合、心室中隔欠損症の合...

    • https://anond.hatelabo.jp/20210130055110 中学生時代 中学の制服はセーラー服だったのだが、夏服でも胸のところにあて布のあるタイプだったから、制服を着ていて傷が見えることはなかった。...

      • https://anond.hatelabo.jp/20210130130504 うっかり書きもらしたうえに伏線を回収し忘れるというミス! 幼い頃、私は「将来の夢は看護婦さん!」と言っていたが、これは母が「大きくなったら看...

        • https://ja.wikipedia.org/wiki/アプガー指数 皮膚の色 0点 全身が蒼白 全身が青紫色 1点 身体が淡紅色 四肢にチアノーゼがみられる 先端チアノーゼ 2点  全身が淡紅色 チアノーゼがみられ...

        • 130歳に笑った 増田の半生は面白かった 淡々としてるねえ

        • 面白かった

        • https://anond.hatelabo.jp/20210130154542 まったくもぉー。 針金が体内でバラバラ事件 小学生の頃にはちゃんと形が残っていたはずの、胸骨をぶったぎった跡繋ぐための針金が、中学生になる頃...

          • なんか病気そのものより、周りの人間の屑率高過ぎないか…?

          • 面白かった。 増田が妙に周りの人間に恵まれてないのがつらい。ここに書いてないだけで他のところに良い友達もいたらいいなと思う。 金属が今後もなんともないといいね。

          • 他人の病気を笑い者にするやつは人間のクズだ。 そういうクズには、あなた人間のクズですねって教えてあげて関係を断てばいい。

      • ”交感神経だかが働いて心臓が速く拍動する。そういう反射があるものだが、私の場合はその反射神経がとても鈍”  手術の時その「交感神経」を切っちゃった可能性が存在するのでは

    • 6年生の頃にクラスで『幽遊白書』が流行り、私もテレビで観ていた。物語の終盤辺りに「軀(ムクロ)」というキャラクターが登場する。彼女は自身の身体の傷を飛影に見せて言う。...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん