2017-02-26

今日見た夢の話

夜中にふと目が覚めて、トイレに行き

ぼーっとしながら用を足していたら、こぼしてしまった。

しまったなぁと思いながら、掃除をしようと

トイレットペーパーに手を伸ばすと、目の端に黒い獣が見えた気がした。

驚いてそちらに目をやると何もいない。

気のせいかと思い、掃除をしてからトイレを出た。

そして、二階の寝室に戻ろうとすると、ドアの前に一匹の黒猫がいた。

あっ、さっき見えたのはこいつか。どっから入ったんだ?

さっさと捕まえてしまおうと、手を伸ばすと、

その黒猫は、怪しい笑いを浮かべながら、異様に細く首をにゅーっと伸ばし、

目を黄と青に輝かせ、下をペロペロと出して、俺の手を舐めようとした。

さては人の尿をなめる妖怪変化のたぐいだな。

と思い切って首根っこを捕まえて、両手で押さえつけた。

すると不思議なことに、黒猫は縮んでしまって、

ごく普通の子猫のようになってしまった。

俺は子猫を手に持ったまま、急いで二階に上がって、妹を起こした。

「おい、こいつが見えるか」

妹は目をこすりながら「うん」と言った。

俺は自慢げに「下で捕まえたんだ」と言いながら

傍にあったタオルの上に子猫をそーっと乗せると

俺が子猫だと思って手に持っていたのは、

いつも使っているハンドクリームの瓶だった。

「おい、お前は最初からこれがハンドクリームに見えていたのか」

と妹に聞くと、妹は「うん」と言った。

俺は「そうか......」というと、そのまま黙ってしまった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん