2015-08-23

台風15号

大型で並の強さ、、

標準的だがデカイくて押しが強いというわけではない。遠の昔に、その表現は使われなくなったそうだ

さて、その大型の台風が来る

台風が去った後、必ずお年寄りが亡くなったというが報道される

彼らは、港に自分の船が、他人の船に乗り上げたりして、流されて港を封鎖したりしないかと見に行く

彼らは、水路が溢れた時、自分田んぼに溢れた水を入れて、下流の他人田んぼを守るために水門を開きに行く

なぜ老人が台風が荒れる港に行くか、用水路に行くのか? それは自分が属する地域社会自分犠牲にして守るためなのだ

愚かな年寄りという表現は私は決して許さな

彼らが死ぬのは理由があるのだ

どうか誰も死にませんように

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん