2009-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20090218223613

私塾私塾たりえたのは、

「志なきものは去れ」

の前提があったからだと私は考える。

 

したがって、私塾公教育とは相容れないものであると考えている。

 

当初、私が考えていたのは、1980年頃には既に言われていた産業転換にさしあたって、

労働者の再教育が必要だろうということだった。

教育子供が受けるもの」という発想からの脱却が不可避だと考えていた。

それは、生涯学習などという生ぬるいものではない。

 

例えば、正規労働者の基準的な週休を3日にし、休日の3日のうち、2日を語学学習にあてるといった、

社会基盤そのもののデザイン変更を考えていた。

例えばITエンジニアは週休を3日にし、

増えた休日を新技術の習得といった能力最適化に使ったほうが、

全体の生産性があがると考えている。

これを社会主義的というかどうかは、自分でもよくわからないのだが、

こうした機能を、国が用意するか、民間が用意するか、悩むところではある。

国が用意すれば予算の面で心配はなくても、速度が遅い。

民間が用意すれば速度は速くとも、利益がでなければ消滅する。

では、三セクか?と問われれば、

助成金のあるところに優秀な商人はいない」

という経験則がある。お互いの良さを打ち消すだけである。

 

以上を踏まえて、子供教育に関していえば、私塾の運営母体となる企業アカポス志望者で立ち上げて、

学校の場所を借りて(賃料は学校収入となる)私塾を開くといった杉並区方式が一番現実的ではないかと思う。

 

(後述)

一晩置いてみたが、アカポス志望者でドイツ職人ギルドのようなものを作って、

理研や民間研究所を相手に派遣会社のような請負業務(テクニシャンなど)をやると良いのではないか。

あくまでアイデアに過ぎないが。

 

(おまけ)

ところで、こういう話を知っているか。

 

単著を出すような有名コンサルタントがいる。

その人の講演料は相場として1時間ウン十万円だ。

講演を聞くことができるのは、年間ウン十万円の会費を納めている人だけだ。

ところが、そのコンサルタントのお弟子さんの講演は一見さんでも1回1000円で聞ける。

これはイベントビジネスと同じで、「チケット売上 - (ルーム代 + 師匠への上納) = お弟子さんの取り分」だ。

で、それだけじゃない。

このお試しセミナーを通じて、有名コンサルタント年会費ウン十万の会員になったら、

弟子さんにフィーが支払われる。

今、マルチレベルセミナーがアツイ!

記事への反応 -
  • 教育の目的が社会的ニーズに合わせた個人の形成にあるならば、小中学校で歴史、理科、国語を教える意味はまったくないだろうね。 まず歴史。アホの一つ覚えみたいに旧石器時代から...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090215141559   ちょっとダラダラ書くよ。 教育には、大きく3つの役割があって、 スクリーニング(ふるいわけ) 能力の最適化(育成) 社会適応(文化継承) そ...

      • 元増田は「アカポス志望者の経済的安定のために」という視点で、 議題を提起してくれたわけだけども、 教育の話題が挙がるたびに、 もうちょっと大局的な見方が出てきて欲しいと思...

        • 元増田です。あなたの「私塾」という発想はとても面白い。 そのアイデアは、こちらのアイデアの「『教諭』でなく『教科特別講師』という身分」を活用する現場のイメージと、発想の...

          • 私塾が私塾たりえたのは、 「志なきものを去れ」 の前提があったからだと私は考える。   したがって、私塾は公教育とは相容れないものであると考えている。   当初、私が考えてい...

            • したがって、私塾は公教育とは相容れないものであると考えている。 うーん、残念。しかし、「私塾」というイメージから言えば、その『教科特別講師』は「志無き」生徒の面倒を見...

        • 1990年くらいの「朝生」で学校教育について話し合ったとき、戸塚宏氏が 「今の議論は戦術論ばかり。戦略論が全くない」と嘆いていた。 その伝で自分なりに考えたが、学校教育を教え...

          • そもそも教育に期待する内容自体各個人で違うはずなのに戦略とか考えること自体傲慢なように思う。各自が自分が良いと思う教育を受ければ良い。戦略といっても結局はお国のために...

            • まったくもって意味不明。 →教育に期待する内容自体各個人で違うはずなのに← その各個人って大人?子どもも含むの? 子どもがどれだけ具体的な期待を出来る?また期待したところ...

              • ほれほれ、いつものパターンじゃないですか。お約束のwww

              • 大人も子供も違うに決まってるだろ。子供は具体的なことまで期待してないといっても小学生くらいならそうかもしれないが中学高校あたりならもっと具体化されてると思うが。身近に...

    • おいおい、それじゃ義務教育期間中に科学教育が受けられなくなっちゃうだろ。 教科書全部を英語ってのはキツイ。専門用語を英語で教えるのは賛成、出来れば数学もな。 小学生の頃か...

    • お前の言ってることってさ、今のトレンドから全然外れてるだろ。時代遅れって言うのかなあ。トレンドから外れたところで失われていくものを守っても、無駄だろ。それって、川の流...

    • 増田は、日本をアメリカのようにしたいわけだな。 進化論には科学的根拠があると理解するアメリカ人は僅か35%(http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/12/35.html) 約3,000万人の成人が...

    • 教育改革が大幅に必要だというのは強く同意するが、個々の選別が酷い。 http://anond.hatelabo.jp/20090215141559

    • 修士課程も廃止。日本の修士課程は世界の中でもかなり独特で無意味な制度。博士課程4年、の一本でいい(MBAは例外)。 修士が形骸化しているのは認めるが 何故博士課程が5年か...

    • 歴史、理科、国語は小中学校で教える必要がない これを読んで、何だかなあ…と思ったけど、同時に多くの人が誤解していそうな部分だとも思ったので。 ツッコミどころだらけだけど、...

      • クラブ活動や部活動って教育活動の一環として行われているのであって、決してプロの卵養成所じゃないんだけど、一部にプロの卵養成所だと思ってる馬鹿が多いのだから、ねー。一輪...

        • 中学時代、某陸上投擲競技でうちの生徒が都道府県大会の2位に入ったのを機に グランドにその投擲競技専用のスペースが作られたのを思い出した。 あれも今考えると無駄な投資だよな...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090215141559 現役塾講師の私としては、せいぜい15分問題解ける中学生にしてほしいもんだね。 難しくて解けないとかいいよ。ただ決められた短い時間だけがんばるとか...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090215141559 大学の実態 http://anond.hatelabo.jp/20090214215703 ↑これはどうでもいいけど 「生まれたばかりの赤ん坊がなんの役にたつか分かるわけがない」と偉そうに言って...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090215141559 とりあえずこの増田の人生で、数学が役に立って、国語と歴史が役に立たなかったことはよくわかった。 逆の人の方が多いと思うけどね。

    • 小学校で、1年生~3年生に教えたことのない人間が吠えてると思うんだけれども、 あいつらマジで動物だから。 論理的な思考とかできないから。 そういうのに教え込むのに、国語、...

    • まあ、細かいことはもうぐちゃぐちゃとたくさん言いたいことはあるけど、みんなもうすでに言ってるので省くとして。 小中学校で「無駄」と切り捨てていることを、わざわざ専門教育...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090215141559 増田さんがなんか叫んでる. 義務教育に社会やら理科は要らないんだとさ. 世の中合理的な事ばかりではない. 自分の狭い世界の判断で,否定するもん...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん