2008年09月26日の日記

2008-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20080926234328

おぬし、大戸屋を知らんな?

ご飯大盛り無料(全メニューではないが)と、ご飯少量だと割引。

関係ないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20080926221858

デビ夫人の本業が貿易コンサルタントだって知ってるテレビ視聴者がどれだけいるか、素朴に疑問。

各国政財界のお偉方とか企業のトップから情報を集め、欲しがってる偉い人や社長さんにその情報を売ってるんだよな。

http://anond.hatelabo.jp/20080925232809

良いヒントを頂きました。

>ただ、SO703iの細かい部分の作りや、UIデザインなどに惹かれた俺には

>SO705iはその後継機ではなく別の系統の端末に見える。

SO703iソニエリの作品だが、SO705iはNECのOEMということが分かりました。

ググっても見つかりましたが、お客様相談の対応をした人もそう言ってました。

ドコモショップに出かけて見たけれど、SO705iは置いてなくて現物確認は出来てないのですが、別物と思って確認して見た方がいいですね。

そこまで考えると、次の選択肢も考えとく必要があるかも。

>だから俺がその状況に陥ったら、

>時々リセットしちゃうそのSO703iを文句をいいながら使い続けるだろうと思う。

ほんと、SO703iは困ったチャンですな。

http://anond.hatelabo.jp/20080926233902

名称はなんでもいいが、少なめのメニューは欲しいと常々思う。

量が多いといつも食べ切れなくて残すのがもったいないというか申し訳ない。

もう直球で「少なめセット」とかでいいよ。並メニューより10円20円安いだけとかでいいよ…。

æÃÊ[Øü[ãonline/Ж????Ôü[Þ[°ψ??/ÔâÊ[????

えっ?これで幕引きにするの?

無観客試合くらいやってしかるべきだろ、鹿島は悪いんだから。

http://anond.hatelabo.jp/20080926233654

えっ、量少なくして安くしてんの? まさか。

http://anond.hatelabo.jp/20080926225746

そんなあなたが奮起して国会議員立候補し、日本が始まるのですね。

がんばれ!

http://anond.hatelabo.jp/20080926231154

左翼的な理念の究極の基盤は自律的個人であり、

右翼が依拠するのは、個人を超えた「全体性」だ。

ふーん、非モテってこういう程度の頭か。

http://anond.hatelabo.jp/20080926233654

ならば年寄りサービスが欲しい。

番組なんか宿の食事の豪華さを紹介しているけど、老人はもっと量を少なくして欲しいと思っているはずだぞ。

他人のことはよく視えるんだよなぁ。

友達にエラソーなこと言っちゃって家に帰って自己嫌悪

そう言うお前はどうなんだよ?と。

メール来た。

「自分じゃ気付いてない気持ちに気付かされたよ。いろいろ言ってくれてありがとー!」

・・・よかった。

http://anond.hatelabo.jp/20080926233328

いや、なんか不憫っつーか。

バスも通らんすっげぇ田舎道を、一人おっち歩いてる場違いな服装のお姉ちゃんとか見ると、どんだけ地理に疎い状態でこんなとこきたんだとか思うもん。

http://anond.hatelabo.jp/20080926223211

常連客に対して「いつも買ってくれてありがとうございます。あなたにはサービスします」と言って、

常連ではない客に「あなたにはサービスしません」という態度を

うまーく表現したのがポイントカード

私は、きちんとしたサービスには正当な対価を支払うべきと思っているので、ポイントカードは持たない。

http://anond.hatelabo.jp/20080926223211

でも飲食店だったら、明らかに女性の方が食べる量少ないんだから、男性と同じ値段は可愛そうでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20080926231529

旅先の田舎道をただひたすらに歩いていると、親切な人が結構車に乗せてくれます。

そんな20代の旅の想い出。

「要は、勇気がないんでしょ?」で始まるデスマーチ

ちょっと昔の話。今よりも僕はずっとずっと言い訳をするのが好きで、理屈を説明するのが好きだったんです。

でまぁ、当時も今と変わらずデスマーチがへりませんで、

アジャイル信者と飲みながら「いいプログラマがいない、だからデスマーチがへらないんだ」と文句言ってたのです。

進捗報告会議で。

したらまた、このアジャイル信者が「じゃあ、わかった」と言うのです。「今からプロジェクトのやりかたを変えよう」と。

プロジェクトのやり方を変えたことなんかないオレは焦りました。「いや、ちょっと待って」とあわてます。

でもアジャイル信者は、少し遠くで打ち合わせしている2人組のプログラマを指さし、「あそこ行って一緒に検討しようぜ」と言い、席を立ちます。

オレは「いや、向こうも迷惑だし」とか「さすがにうざいっしょ」とか言って止めます。

アジャイル信者は「嫌がられたら戻ってくればいいんだよ」と言ってましたが、オレが動こうとしないので行くのをやめました。

「じゃあ、海外発注して、オフショア開発にしようか?」とアジャイル信者は言います。

「逆にそっちの方が難易度高いだろ」とオレは顔をしかめます。

「でも時間がないんだろ? だったらやり方を変えるしかないだろ」とアジャイル信者は口調を強めます。

「そうだけど、もっと普通にやりたいっていうか」とオレ。

「なに、普通って?」

ウォーターフォールとか、Vモデルとか、そういう…」とハッキリ言えない自分。

「じゃあ、オレが今からテスト仕様を具体化してきて、それでお前に渡したらいいか? それも時間の削減だよな」という友達。

「それは…、だけど、ほら、お前もこの前言ってたじゃん。ドキュメント作らないやりがあるとか」

「は?」

「その…」

「…ドキュメントを作らないじゃねぇよ。無駄ドキュメントを作らないだよ」

「あ、そうだったね。…でもオレ、ドキュメント書くの、少し苦手だし。そこまでしてプロジェクトのやり方変えたいってわけでもないし…」

アジャイル信者はオレの顔をじっと見つめながら、一言、

だせぇ

と言いました。

ちゃごちゃ言ってるけど、技術力がないだけじゃん

彼は言います。

言い訳をして、さも「こういう事情なんだ、だからしょうがないんだ」って言うけれど、

技術力がない自分を必死になって正当化してるだけじゃん、と。

プロセスを変更する勇気もないやつが、時間が無いとか言うんじゃない。

どうせオープンソースライブラリを使えば「オープンソースは保障がないから怖くて使えない…」って言うし、

スパゲティコードを変更しようとすれば「動いているコードに手を入れるプログラマとは仲良くなれそうにない」とか言うだろうし、

開発プロセスを変更しようと言えば「いや、いままでこのやり方でやってきたし」って何かにつけて言い訳するんだろ?

だったら「自分にはソフトウェアを開発する技術力がないんです」って素直に認めて文句言うんじゃねぇよ。

そっちの方が、よっぽど何かってときに力になりたいってと思うし、

つーか、できない理由並べて、今の開発プロセススパゲティコードを変更させずに、バグをなくしてもらおうとするその魂胆がだせぇ、と。

http://anond.hatelabo.jp/20080926231842

事後なら目的達成後だから、それでいいんじゃ?なにか問題が?

セックスしたい

そんなことばっかり最近考えるんだけど

現実の女子を見たら萎える。

もうちょっと耐えろよ俺!

おっぱいがすぐそこにあるのに、拒否するなよ俺!

お前が欲しいのはおっぱいだ、そうだろ兄弟?

そうだろ? そうだろ? ・・・そうなんだよな・・・?

セックスしたあと、話するのすらしんどいんだよ。どうしたらいいんだ俺。

炎天下の道をエンヤコラ歩いてるオバアさんとか見ると車に乗せて目的地に送りたくなったのは

私がじーちゃんばあちゃんっ子だからか

サヨクへの失望について

暴言を吐くサヨクに失望する人がいて、一方には喜ぶ人もいる。

シャカイを改善してくれるんじゃないかって期待してたのに…。

サヨクがそんな汚い言葉で人を罵倒するだなんて」って失望する人がいるし、一方

「ほら、サヨクなんて大体、昔からこんなもんだよ」って

したり顔で勝ち誇る人がいる。

これらの非難は、それ自体としては傾聴するには値しない。

勝手に期待して失望してろよ、みたいな。

だがこれらの言説は、サヨクウヨクの対立の在り処を示している点で、

興味深いものでもある。

左翼的な理念の究極の基盤は自律的個人であり、

仮にもしも人々が「十分に理性的」であれば

より良い社会が実現できるはずなのである。

右翼が依拠するのは、個人を超えた「全体性」だ。

コトワリを超えた何かが、世界を支配している。

もちろん、左右の対立は、カレースパゲッティのどちらを選ぶか、

というような対立とは異なるものだ。

それは左右というよりは上下の軸の対立だし、

円環を為すものだとも言える。

大衆はたいていの場合「中道」であり、ニヒリスティックである。

左翼って高潔な理想を語ってるけど、あなた方だってしょせんは同じ「人間」でしょう?と。

この理性に回収されない「残余」が、やがてナショナリズムに回収されるんかもしれない。

それはさておいても、ネットでも盛り上がる「理想論」の噴出

海外観光地での落書き糾弾するのとか)と、

図書館ホームレス論議における「本音」語り(誰だって臭いのは嫌でしょ?)と、

サヨクへの失望・嘲笑(ほら、やっぱりサヨクだって人間だ)との関係については

我々はてな非モテとしても注意深く考察していきたいです。以上。

http://anond.hatelabo.jp/20080926230224

まじで?自分(女)の場合は完全に逆だなー。自分を好きな男は大嫌い。つーか警戒の対象

http://anond.hatelabo.jp/20080926230224

そりゃそうだ。好いてくれる女なら…考えてみるかな。

女大嫌い

俺のこと嫌いな女大嫌い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん