2016-03-01

増田国会デビューしてしまったわけだが

 国会増田引用されたということはこれはもう政府公認国立アナニマスダイアリーとして認められたのに等しいわけで、もうこれまでのアングラでぐだぐだうんこ増田とは違うわけだ。格式的にはNHK東スポと同じだ。産経にはすでに勝っている。

 そういうわけで、これからはおれたちもクオリティ・ペーパーならぬクオリティ便所の落書きにふさわしい礼儀礼節をわきまえたエントリを書かないといけない。

 つまりもっと美しいうんこネタをひねりだす必要があるわけだ。

 いままでのように「うんちぶりぶり〜〜〜〜」と書くだけで100usersのブクマを稼げる時代は終わった。

 新しい増田には、新しい読者。新しい読者には新しいうんこネタが求められている。

 増田もっと高級なうんこを! ハイクラス感溢れるラグジュアリーなうんこネタを!

 

 総員、より一層の糞起と括約を期待する。

 貴様増田は、ひとりひとりは硬くて小さいコロコロウンコだが、集まって力を合わせればゾウのウンコにも負けぬりっぱなウンコになると我々は信仰している。

 新時代増田はきみたちの双丘にかかっている。

 大本営からは以上だ。

 

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160301021848

記事への反応(ブックマークコメント)