2018-06-04

「年上には敬語を使え」とか「スカートの丈が3cm短い」とか「空気を読んで行動しろ」とか

そういうつまらない要求への謝罪を繰り返していたら、本当に謝らないといけないとき謝れなくなってしまったので、

かにゴチャゴチャ言われても無視してればよかった。

形式的謝罪に慣れすぎて、本当に悪いと思ってるときの謝り方がわからん

  • anond:20180604212711

    なにやらかしちゃったのか知らないけど、悪かったことを素直に正直に話せばいいんじゃないの? あと、謝罪が受け入れられたあとについて、事前に希望的観測を勝手に立てておくのは...

  • anond:20180604212711

    年上に敬語使えないのは儒教大国の日本では辛すぎない? 年上以外にも取引先の相手に必要だと思うが…

    • anond:20180604223842

      それな 世の中には「お前程度切れたところで直ぐに取引先見つかるから」という天上サラリーマンがいることを知らない人が思いの外いる

  • anond:20180604212711

    なんか分かる 本当に申し訳ないとき、どうそれを表現したらいいか分からなくて演技っぽくなってしまう

  • anond:20180604212711

    敬語よりこっちのほうが分かりやすくていいよね。 「口からクソを垂れる前と後にsirを付けろ!」

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん