2017-09-21

確かにあの夏彼女はいたんだ

「キャッ」って打ち寄せる波と戯れる白いワンピースを着た女性

「寒くなってきたね」って近くの居酒屋に入り瓶ビールもつ煮込みを食べる。

今日はずっと一緒だよ?」って近くの宿に泊まる。

朝起きると女性の姿は無く、テーブルに「Good bye」とだけかかれたメモ帳が。


という「確かにあの夏彼女はいたんだ」というサービス提供したい。

1泊2日で5万9800円(宿泊費込み。食事代別)。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん