2017-07-17

ゴミ人間だが大企業に入ってしまった

自他認めるポンコツゴミ人間なのに、売り手市場と時の運で、名の知れた大企業入社してしまったのが数年前。

ほかに内定がなかった手前、これを逃してはならぬと入社してしまったのだが、入って数年、ポンコツゴミぶりを遺憾なく発揮してしまっている。

大学時代の恩師にひさびさに会えば、「まだクビになっていないのか」と驚かれる始末だ。

 

いずれ行き詰まることは必至だが、とは言え、待遇がかなり良い現状を踏まえれば、ここで転職しても必ず後悔するだろう。

行き詰まって、落ちるところまで落ちるまで、面の皮厚く粘るのが最善なのであろうか。

周りの妙な優しさが心にしみる昨今である

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん