2015-06-22

なんかもう疲れた

泥船だとは雰囲気で十二分に察知できたので、船から降りること自体は悲しくもなんともない。

しろラッキーかもしれない。

ずっと眺めてたかわいい生き物が見れなくなることだけが残念だ。

どうにも離れがたく、失うことが惜しい。

それが愛情なのか同情なのか、ただの慣れによる愛着なのかは分からないけど。

切れてしまうのがひどく辛いと感じる。

けどそんな気持ちも一時のもので、3ヶ月後にはすっかりなくなっているのかもしれず。

けどまあ疲れた休みたい。

もう休んでたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん