2013-01-02

もしドラティッシュのモヤモヤ

100円ショップに行った。

ディスカウントの始まったお正月用品にまじってもしドラのティッシュが山積みにされていた。

もしドラってあのもしドラか。

場違いなところに売っているなと思いつつも、箱のイラストなんてどうでもいい人たちにとっては、2箱105円の実用的なティッシュに過ぎない。

ティッシュの箱にイラストを描かれただけでは、ドラッカーマネージメント関係ない。

ドラッカー的ティッシュのマネージメント方法でも箱の裏に書かれていたら面白いのにそこまでの思い入れはないようだった。

ティッシュの箱に描かれたイラスト注視しながら、この商品の企画に携わった人たちの心中を察してみた。

このえもいわれぬモヤモヤ感は何なんだろう。

この箱に描かれているイラストに対して、思い入れのある人がこの店で買うはずもない。

モヤモヤを胸に抱えたまま、もしドラティッシが山積みの季節のお買い得品売り場を離れた。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん