2007年02月28日の日記

2007-02-28

抑うつ と うつ

anond:20070227232702

anond:20070228104921

お返事ありがとう

「うつ」は、「抑うつ」を含むのか。

でも、やっぱりわからないにゃー。

http://anond.hatelabo.jp/20070228225519

その分、野生動物死滅しています。

人間に転生する奴多すぎ。

プロの作家さんでも

2通りいるらしいですね。

すらすら書いちゃう人と、

1行書くのに1日うんうんうなってようやくひねり出す人。


好きな作家さん、揃って遅筆なんだよなー。

http://anond.hatelabo.jp/20070228230947

前回2000年の0金利解除でもグローバリゼーションへの免疫力なんかついたようにも思えないけどなあ。東京新聞じゃあるまいしそんなへんな事しなくても。自然悪化していくような時期にわざわざ利上げで追い討ちかけたら駄目だろ。常識的に考えて。再生力とか自活力がつかないのはきめ細やかな逆噴射で景気の山を低く谷を深くするようなことばかりしてるからじゃないか。

すごいことに気がついた

http://anond.hatelabo.jp/20070228232146

オタが惚れっぽいのは、異性と話す時はオールウェイズ吊橋を渡ってるからだ。一人で。

酔った勢いで

手ぇ繋ぎたいなー、と逡巡して結局荷物を持ってあげるのが精一杯な三十路でした

J-CAST ニュース : 「DQN」は名誉毀損 2ちゃん語が危ない

具体的な事実を踏まえて『??したからDQN』 と書き込んだ場合は名誉毀損罪、ただ単に『DQN』と書き込んだ場合は侮辱罪にあたることになる


http://anond.hatelabo.jp/20070226224054

原則として刑法(処罰の問題)では

事実書いたら名誉毀損

事実じゃなければ侮辱


同じだ!と思った。

いや、当たり前の常識なのかもしれないけど。

ちゃんと答えてもらってたんだなぁと、何だか嬉しかったです。

感謝です。

ちなみに私はhttp://anond.hatelabo.jp/20070226222906を書いた人です。

http://anond.hatelabo.jp/20070219114446

この手の実名晒して正義漢ぶるバカにはうんざり

あまつさえ、いちいち「あのコンクリ殺人犯の○○ご一家様が××県△△市□□3-2-1に引っ越してきましたので注意しましょう」

となにやら注意喚起したり、関係ねえ家族までストーキングするに至っては、もうアボカドバナナかと。

漫画キャラでときどきいるよな。主人公の周りの人間を傷つけて「次はお前の番だ」とか脅しかけるやつ。

そんなことする香具師は100%悪役なんですけど。

つーか、俺はコンクリ殺人犯のような外道犯罪者どもなど

「顔も見たくないし名前も見たくない、知りたくない」

て考えなんだが、何か間違ってるか?

http://anond.hatelabo.jp/20070228225519

いっそ思い切って生物以外もOKにすれば、質量保存の法則から何とか…

宇宙誕生以前?知らん。

昨日治療してもらった女医にどうやら俺は恋したらしい。

世間話もできないけれど一度ぐらい食事に誘ってみたいのだ。

つーか、これって治療時の緊張による胸の高鳴りを勘違いしたつり橋効果だよな。

渡っているのは俺一人だけなんだけど。

生まれ変わり元をたどっていくと単細胞生物

http://anond.hatelabo.jp/20070228230236

地球上で個体数がもっとも多いのはアリらしいから、今生きてる人間前世はありんこだった可能性が高いってことか。

http://anond.hatelabo.jp/20070228230448

少女向けのものを読むのは、本来のターゲットである少女と本来のターゲットでないオタクです。

少女向けらしさが濃いほど、それを読むオタクは少数精鋭高濃度になります。

まあそういうこと。

滅ぼさないでくれ

http://anond.hatelabo.jp/20070228225729

「極論、私怨主観のみで判断することも出来る」

ってことはだ、結局判決なんか「事実の判断」というよりは、弁護側と検察側のやり取りを通じた、裁判官による「事実の構築」にしか過ぎないっつーわけじゃないのか。

タイムマシン使って確認するんじゃないんだから、あくまでどの程度の蓋然性があったかの判断にとどまる。

大体冤罪なんかは検察が不当な方法でこの蓋然性を高めている場合が多く、判決ばかりに責めを負わせるべきじゃない。

医療過誤はそれが過誤であったかどうかが「患者が死んだかどうか」の一点に絞られちゃってる気がする。死はゆるぎない事実であって、蓋然性の話じゃない。だから裁判と一緒にしちゃあかんと思う。

もちろん医療過誤かどうかの判断がそうした点に絞られてるのもいかんのだろうが。

http://anond.hatelabo.jp/20070228214918

利上げは経済をよくするためのものじゃなくって国内の経済力グローバリゼーション免疫力をつけさせるために必要な事だと思う。

今回のタイミングは悪くないと思うよ。だってこのまま市場に任せてたら自然悪化して切り上げのタイミング失うだろうし、中国が動いた後だとさらにやりにくいし、なんだかんだ時期的にはここが一番空白の期間だと思うな。

デフレになるとかインフレになるとかは予測不能だけど、日本会社を見渡すと、本当につぶれて欲しかったようなところもなんだかんだ生き残ってしまっているので自活力というか自己再生能力は結局日本の市場には備わらなかった。どちらにしろ調整は必要だなとは思う。

今回の株安は中国発とアメリカグリーンスパン発の二説あるみたいね。

アメリカはずっとてぐすね引いてたから乗っただけだと思うな。今回は旧節あけたばかりの中国がしかけたんだとおもふ。

ま、むずかしいことはわからんにゃー。。

かもん105円

http://anond.hatelabo.jp/20070228225512

Dr.リンにきいてみて!」ってお宅に人気があるんだろうか?

昔、妹が見てたので少女向けだと思ってた。

http://anond.hatelabo.jp/20070228225519

近年の人口爆発により、これまでの死者の総数よりもいま生きている人の数のほうが多くなってしまっている、という説がある。ここから、輪廻転生に必要な人間の魂の数が不足しておりいま生きている人々の多くはケダモノの魂しか持っていない

25歳の子供

子供の頃、大人は大人だと思っていた

自分もいつかすっかり大人になって

行動も考えも服装も、全部かっこ良い大人になるもんだと信じて疑わなかった

小学生の頃、自分の我侭が通らず泣いて助けを求めていたけれど

25歳の私は、自分の我侭が通らないとやっぱり泣いて無茶を言ったりする

中学生の頃、分からないことは先生に聞けば答えはきちんと返ってきたけれど

25歳の私は、今や中学生レベル数学なんてさっぱり忘れてしまった

大人ならこうあるはずである、という子供の時からの想像でそれっぽく自分を塗り固めて

25歳の毎日をなんとなく過ごしているけれど

いつか来るはずの「大人への変身の日」は待てど暮らせどやってこない

裁判官日本を滅亡に導く

裁判官日本を滅亡に導く

http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1139370784/764

上級審判決が変わって確定した場合、下級審裁判官は「判定過誤」として相応の処罰を受けるべきだ。

医者が「医療過誤」として受けている処罰は、似たようなものだ。後付の結果論で責められているんだからな。

裁判官はどんな判断をしようが罰せられないというのは構造的におかしい。極論、私怨主観のみで判断することも出来る。

で、医療裁判の一審は、今、必ず医療側に不利に判断する裁判官の下で裁判が行われるように工作されている。

二審以降では判決は必ず翻る。だが、一審で敗訴した医療側はそれだけで名誉の面でも業務の面でも多大な損害を受けている。ふざけるな。

あと、刑事訴訟無罪判決になった場合、検事警察も処罰を受けるべきだな。

書類送検されるだけで実名公表されてマスコミに騒ぎ立てられて名誉毀損を受けるんだ。無罪になったってぬぐえるものじゃない。

なぜ医者結果論で責められて、裁判官検事警察結果的に間違っていても処罰を受けない?

そんな状態だから「とりあえずやっておくか」的に他人の人生を簡単に狂わせられる。

生まれ変わりを信じる人に聞きたいこと

昔と比べると何倍とか何十倍も人口が増えてることとはどうやってつじつまあわせてるんだろ。

人間以外とも生まれ変わってるということなんだろうか。でも生物の個体数も一定とはいえないだろ。

生まれ変わりする人としない人がいるってことだろうか?あるいは一人の魂が分裂して複数の人に生まれ変わるとか?

先生

あの林先生の話題が出るたびに、林をリンと読んで

Dr.リンにきいてみて!」があの内容だったら怖いよね、ネット経由で相談だし、

と言うオタクギャグかつ親父ギャグかつ寒いネタを口走りそうになって何度も何度も噛み殺している。

そんなオヤジになりかけのお年頃な俺。

ああ、いままでずっと何回も黙っていたのに、ついに書いてしまった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん