2016-02-01

猫目Tシャツ

よく同じゼミ女子が着ていた。

ぼくはその女子好意があったけど、内気なためになかなか話しかけることができなかった。

そんな少ない機会で女子と会話をしていたときのこと、会話に詰まってしまって、つい「シャツかわいいっすね。いっつも目が合います」と言ってしまったことがある。

目にはどうしても目が向いてしまものなのだけど、ところがその猫目はちょうど胸元に印刷されているので、面と向かっていつも胸見てますと言ってしまったようなものだった。

それに気づいてあせってフォローしようと、「あ、そういうつもりじゃないです」と更に口を滑らせた。

次の日から猫目Tシャツを見ることはなくなり、女子から僕に話しかけてくることも無くなった。

ぼくはそれから猫が嫌いになった。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160201165809

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)