2015-12-31

自分の「面白い」が信用出来ない

3年前、自分面白いと思って作った作品評価してくれた人達がいて、そこそこ大きな賞をもらった。

それからその人達支援を受けて、自分作品を3回ほど世の中に出してみた。

だけどそれらは世の中に評価されなかった。

流石に3回も失敗すると、賞をくれた人達自分に見向きもしなくなった。

自分面白いと思ったものは、世の中的に面白くないのだ。

それから自分は「自分の思う面白いと思うもの」を封印して、世間に媚びたものを作り始めた。

当たり前だけどそれは評価されなかった。

「キミらしさが足りない」なんて言われたりもした。

自分らしさを出すと面白くないし、世間にこびたものを作ると「自分らしくない」といわれるし、

一体どこへ向かっていけばいいんだろうか。

世の中の流行りと、自分面白いが一致する時期が来るのが一番幸せなんだろうが、

いつになったらそんな時期は来るのだろうか?5年後?10年後?

今年中に答えを見つけることができなかったので、

来年中に答えが出なかったら、引退視野に入れようと思った。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20151231021410

記事への反応(ブックマークコメント)