2018-05-23

anond:20180523115212

異議あり! 例えば野球で「打て!」と指示をする場合、同じ言葉でも利用した状況や利用した回数によって意味は異なってくる!

初回の「打て!」は「本気出して行け!」の意味かもしれないが、三振後その次の「打て!」は「ホームランとか狙わんでもいいから塁に出ることを考えて安打重視で行け!」の意味にになるだろう。そしてそれでも三振した場合の「打て!」は「バントとか考えないでええで。とりあえずバット振っておけや」という意味になるだろう。

これはラグビーでも同じだ! 同じ言葉でも意味が異なってくることは結構ある!

記事への反応 -
  • 「つぶせ」は「最初から当たれ」という意味だそうだが

    私は全くのナンセンスだと思うが。ただ、ネットでは気軽にちょっと気に入らないくらいで「死ね」「ゴミクソ」うんぬんとあらゆる乱暴な事を言ってくる御仁がいるので、正直そうい...

    • anond:20180523113736

      対人接触のある競技において「少々のファールも辞さないくらい厳しく当たって相手に自由にプレイをさせない」というのを 「潰す」というのは普通に使われる言葉だからなあ

      • anond:20180523114024

        一回だけなら「潰せ」は攻撃的な言葉で士気向上させたいだけで文字通りの意味ではなく 選手が誤解、早とちりで先走ったってのもあり得るけど 何回も繰り返してる時点で「選手として...

        • anond:20180523115112

          「スポーツ的な意味で潰せ」だった場合、使った回数での意味が変化することはないと思うが・・・

          • anond:20180523115212

            異議あり! 例えば野球で「打て!」と指示をする場合、同じ言葉でも利用した状況や利用した回数によって意味は異なってくる! 初回の「打て!」は「本気出して行け!」の意味かも...

          • anond:20180523115212

            言葉を繰り返したのではなく行動を繰り返したって意味。わかりにくかったのなら申し訳ない 「スポーツ的な意味で潰せ」の指示に対して「選手生命的な意味で潰す」行為をしたら 普...

      • anond:20180523114024

        対人接触のある競技において「少々のファールも辞さないくらい厳しく当たって相手に自由にプレイをさせない」というのを 「潰す」というのは普通に使われる言葉だからなあ 今回...

      • anond:20180523114024

        とは言え本件ではあのような明らかな反則をした選手に監督・コーチ共注意をしていないのが 映像として公開されちゃっているわけで、そのような解釈をすべきはもはや意味をなさない...

        • anond:20180523115429

          反則をした選手をベンチに下げなかったことが刑事責任に値するかというと?

          • anond:20180523120252

            話の筋読んでる?

            • anond:20180523120557

              指導者として不適切な発言だったことはわかりきってることで監督を辞任してるわけだし あとは監督に指示をした刑事責任があるかどうかの問題しか残ってないじゃん

      • anond:20180523114024

        日大アメフト部の着地点 結局、宮川選手一人が悪党にされて終わり。アメフトもできなくなった。刑事事件で有罪になれば人生も終了。 選手を物扱いして、アゴで使っていた監督とコ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん