2014-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20140512124739

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail449.html

25~32歳の健康な成人5名を対象乳酸菌シロタ株を100億/日、牛乳200 mLとともに5週間飲用させ、腸内菌叢の変化と尿中インジカンフェノール類の排泄量の変化を調べた。その結果、乳酸菌シロタ株が1000万~1億/便 gレベルで回収され、投与期間中最優勢な乳酸桿菌フローラとして検出され、投与中止後、1週間以内に消失した。また、投与によって糞便ビフィズス菌数の上昇と日間変動の減少が認められた。さらに、尿中インジカンフェノール量が減少した。これらの結果は、乳酸菌シロタ株摂取により、腸内菌叢の改善ならびに腸内有害産物抑制が発揮されることを示していると考えられる (1) 。

記事への反応 -
  • 生きて腸まで届く乳酸菌飲料

    って、どこまで信用できるんだろうか? 大抵の 乳酸菌飲料 は殺菌済で、乳酸菌の死骸が入ってることは周知の事実だが、 ときどき、「生きて腸まで届く」を謳い文句にしているヨ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140512124739

      http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail449.html 25~32歳の健康な成人5名を対象に乳酸菌シロタ株を100億/日、牛乳200 mLとともに5週間飲用させ、腸内菌叢の変化と尿中インジカン、フェノール類の排泄...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん