2010-08-28

日本人英語オンチであり続けるたった一つの単純な理由

ヨーロッパ人は誰でも英語を話す、それに引き替え日本人は」云々という議論を耳にする。確かに英語が流暢なヨーロッパ人に「どうして英語がしゃべれるの?」と訊いたら、なんでそんなこと訊くのという顔で「学校で習ったから」と答えるのが常だという。これを見て、日本学校英語教育がいかに腐っているかという結論に飛びつく人は少なくない。

確かに日本英語教育旧態依然であり、最近研究成果が反映されていないということはあるかもしれない。しかし、問題はそれだけなのだろうか。ヨーロッパ人が英語を初中等教育の間にかなりのレベルにまで身につけられて、日本人ができないことには根本的な原因が他にあるように思えてならない。

英語話者の言語別習得難易度

以下は、米国外交官が各地の言語ビジネスレベルにまで学ぶのにかかった時間の表である。孫引きご容赦。

分類 学習時間言語
英語と類縁性の高い言語 575-600時限 アフリカーンス語デンマーク語、オランダ語フランス語イタリア語ノルウェー語、ポルトガル語ルーマニア語スペイン語スウェーデン
  750-900時限 ドイツ語インドネシア語マレー語スワヒリ語
言語学的・文化的にはっきりとした違いのある言語 1100時限 アルバニア語、アゼルバイジャン語、ベンガル語ブルガリア語、チェコ語フィンランド語ギリシャ語ヘブライ語ヒンドゥー語、ハンガリー語、アイスランド語、カナダ語、ラトビア語、リトアニア語、マケドニア語、モンゴル語ペルシャ語ポーランド語、ロシア語セルビア語、スロベニア語、タガログ語、タジク語、タミル語テルグ語タイ語トルコ語ウクライナ語、ウルドゥー語ウズベク語、ベトナム語ズールー語
英語母語話者にはかなり難しい言語 2200時限 アラビア語中国語日本語韓国語

出典:http://en.wikibooks.org/wiki/Language_Learning_Difficulty_for_English_Speakers

この表は外交官というかなり限定された人を対象にした調査だが、すくなくとも英語母語話者にとっての言語の難易度の序列としてはだいたい合っているといえるだろう。そして、だいたいこの関係は逆に読み取ることもできて、たとえばオランダ人が英語を学ぶのは日本人よりもずっと簡単だということも言えるであろう。こう言うと「英語話者にとって日本語が難しいのは漢字が難しいからだ」と言われるかもしれないが、文法的に近似していて漢字がほとんど使われない韓国語日本語と同じ分類に属していることから、そこはあまり本質的ではないであろう。

学校での授業時間

一方、学校での授業時間数を考えてみよう。日本学校では年間授業日数は約200日である。毎日1時間英語の授業があったとして、中高6年間での英語の授業時間数は、定期考査や学校行事のことを考えればたかだか1000時限程度である。そしてヨーロッパ学校日本学校に比べて授業時間数が多いことはないだろう。

となると、結局「ヨーロッパ人は学校で習えば英語ができる」云々は

ヨーロッパ人は学校で1000時限ほど勉強すれば英語ビジネスレベルに使えるようになるが、日本人はできない」

ということを主張しているに過ぎないことになるが、これは上の表を見れば何も不思議でないことになる。おそらく、日本人英語を身につけるためには、ヨーロッパ人に比べて2-4倍の時間がかかるのである。

日本でできること

となれば、いったい日本人はどうしたらよいのだろうか。中等教育の1000時限ではとても足りないことははっきりした。あと1000時限ほどの学習が必要である。

この1000時限分、中高6年分を社会に出てから確保するのが絶望的でありしかも遅すぎるのは間違いない。といって、大学で毎日1時限を英語に充てることも無理だ(レジャーランド化したような大学ならともかく、まともな大学生にそんな時間はない)し、もし「日本人も英米の大学に進学すべき」という要求を満たさねばならないとしたらやはりそれでは遅い。

となると小学校の6年間を充てるかということになるが、小学生の読み書き能力が極めて低いということは忘れてはならない。ひらがなやカタカナを学んでいる子供ラテン文字を教えるのは負荷が大きすぎるし、漢字や分数・小数、あるいは都道府県名前といった「一般常識レベルのことを学んでいる子供にさらに負荷をかける余地も少ない。そしてこのくらいの年頃の子供は興味がなければ全く学ばないし、学んだこともすぐ忘れてしまう。実際、小学校の後半ぐらいから2言語ぐらいを学んでいるヨーロッパ人でさえ、「中学から勉強しなくなったドイツ語フランス語は全部忘れちゃって何も覚えていない」という人は珍しくないのだ。英語が特に流暢な語学好きな人だってそうなのだから後は推して知るべしだ。

つまり、日本でできることはほとんどないのだ。香港シンガポールのように屈辱的な歴史的経緯から日常生活英語が溶け込んでいればともかく(それでも香港人シンガポール人全てが英語が流暢なわけでは全くない)、日韓中のように大英帝国の支配を逃れ続けた国民にはそのような機会は全くない。実際、世界的にこの三ヶ国は英語ワースト3と言ってよい(英語が流暢な中国人は多いように見えるが、その多くは移民の2世以降やごく一握りのエリートである。中国人は母数がめちゃくちゃ多いことを忘れてはならない)。

英語の時代」は来ない

以上見たように、英語世界を支配することは結局起こりえない。あるとすれば旧大英帝国米国をたきつけて世界征服戦争を起こしてもらうしかないということだ。

結局「国際英語」の考えの欠陥はここにある。母語話者が自分たちの文化から逃れられない限り、自然言語を異文化圏平和裏に浸透させることは無理だということだ。英語圏文化普遍的で上位にあるものとして強要しない限り、十分な英語力を得られない異文化圏人間を無視して英語支配を正当化することはできない。だからといって「英語帝国主義」に開き直ることはそれ自体恥知らずというものであろう。

やれ英語の時代だ、やれグローバル化だということが近年安易に言われるが、ヨーロッパのような文化的に近縁な地域や旧大英帝国、また米国の勢力圏化にある中南米を除いてそのような流れが一般化しうるのかという検討が全くなされていないのは実に不思議だ。「英語がしゃべれるようになれ」といわれてできるのであれば誰でもそうするであろう。問題は「なぜできないのか」を考えるべきことではないのだろうか。無理なものを無理強いしてもどうしようもないということに早く気づくべきである。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100828124034

    言語学的にあまりにも違いすぎる故に学習するのが難しい、というのは納得できる話だと思う。 でもその表だと中国語も同じランクだけど奴らも英語オンチなのかねえ。なんか日本人よ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100828125829

      中国農村での英語の通じなさは日本の田舎の比じゃないよ! 人口多いだけで中国の教育レベル買い被りすぎ。 中国の英語語学水準が日本と同じだとしたら、日本の上位1割レベルの人な...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100828134215

        中国の田舎は英語以前に北京語(普通話)が通じるんだろうか。

        • http://anond.hatelabo.jp/20100829104707

          テレビは北京語だったりするから、通じるよ! 通じるだけで、北京語で話しかけても広東語でしか返ってこなかったりするから俺の語学レベルじゃどうにもならんけどな!

  • http://anond.hatelabo.jp/20100828124034

    だからといって中国語の時代が来る、と書かない当たり、id:xevraとは違うなあ、と。 しかしながら、時代が来なくとも、多くの国で英語が話されているのは紛れもない事実であり、ビジ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100828131750

      中国農村での英語の通じなさは日本の田舎の比じゃないよ! 人口多いだけで中国の教育レベル買い被りすぎ。 中国の英語語学水準が日本と同じだとしたら、日本の上位1割レベルの人な...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100828124034

    ・日本語話者にとって英語が習得の難しい言語であること ・無理なものを無理強いしてもしょうがない ことは同意見です。 しかしながら、「東アジアとアラブ圏が英語習得に特別に不...

  • http://anond.hatelabo.jp/20100828124034

    やれ英語の時代だ、やれグローバル化だということが近年安易に言われるが、ヨーロッパのような文化的に近縁な地域や旧大英帝国、また米国の勢力圏化にある中南米を除いてそのよう...

  • 「英語の時代」とはそういう意味ではない

    元増田です。ああ、そういう風に取られるかと思ったので補足。 私が「英語の時代」と言ったのはそういうことではなく、現在先進国の人間が誰でもその国の公用語を「国語」として、...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100829102106

      私が「英語の時代」と言ったのはそういうことではなく、現在先進国の人間が誰でもその国の公用語を「国語」として、日常会話から高度な話題に至るまで読み書きできるようなことが...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100829104547

        金沢弁が絶滅したんだっけ?

        • http://anond.hatelabo.jp/20100829105245

          方言に限って言えば、金沢弁に限らず、ほとんどの方言が絶滅危惧種だけどね。今の子供はそれっぽいアクセントで共通語話してるようなもんだし。 まあ、あと半世紀も待たずに方言の...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100829104547

        なんかまだ話が通じてない気がするので。 そんなの当たり前じゃないか・・・いくら言語絶滅の世紀とは言え、多数話者がいる数百言語の衰退を気にしているひとなんてほとんどいな...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100829104547

        英語が判るエリート層と、そうでない層の知識格差が生じることを(問題はあるだろうけど)止める要因は無いと思うけど? 知識格差と言っても、ヨーロッパ中世ほどの断絶にはならな...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100829121345

          知識格差と言っても、ヨーロッパ中世ほどの断絶にはならないだろうし、非英語熟練層の知識レベルが落ちるわけでもない。 日本なんかでは、これまで通り母語でちゃんと高等教育も...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829122146

            そう。日中韓あたりは、現状からあまり変わらないと思うよ。 ただ、他の国の英語共通語化は進むでしょ?  英語化が進む要因はあっても、後退する要因がないのに「英語の地位が低下...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829122146

            それこそ自然科学の世界では英語支配が長く続いているが、英語がほとんどできない益川先生でもノーベル賞を取れたよ。しかも自然科学で英語支配が成立した理由は、結局科学論文な...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829122146

            それこそ自然科学の世界では英語支配が長く続いているが、英語がほとんどできない益川先生でもノーベル賞を取れたよ。しかも自然科学で英語支配が成立した理由は、結局科学論文な...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100829102106

      元増田が現状認識について素人でないことは判ったが となれば、たとえばアラブが(古典)アラビア語、東アジアが漢文、東南アジアがマレー語あたりで固まったとしてもこれは「ガラ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100829114516

        元増田が現状認識について素人でないことは判ったが いや素人ですが。英語がどうのグローバルがどうのと言っている大抵の半可通よりは知識があるとは思うけれど。 そもそも現状...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100829121515

          ・英語は支配言語になりえない ・日本語話者にとっては英語習得のハンデは非常に大きい あたりの認識を持ってるあたりの現状認識は一致してると思う。恐らく自分と同じく能天気な「...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829123447

            元増田です。 まあ確かに希望的観測が混じっているのは確かだし、英語マンセー派みたいな奴らはそもそも主張以前に心性が嫌いなのでバイアスがかかっているのは否定しない。あの連...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100829172951

              あの連中の、何でも「欧米だから正しい、日本だからダメ」という態度は日本で頑張っている人間を馬鹿にしているし、何よりも「欧米」の中でも自分たちにとって都合のいい部分だけ...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100829172951

              海外ニートを叩いている人かぁ

              • http://anond.hatelabo.jp/20100829201654

                元増田が批判しているのは、海外ニート氏ではなく、ちきりんや金融日記の人といった ネット新自由主義者とでもいうべき一派だと思う。

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829123447

            1/3ならともかく、非英語圏ブロック最有力の中国ですら1/6程度のマーケットにしかならない。これが6割の英語圏に対して独立した地位を保てるかどうか・・・自分は否定的ということ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100829114516

        お互いに近い関係にあるゲルマン系・ラテン系言語だけで世界の1/3以上の人口・国を押さえちゃってるという偏った状況が出発点で、これに本来印欧語と無関係なドラビタ系語圏な...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100829141140

          ドラビダ系とか話してる庶民が近い将来英語が通じるようになるとも思えないのでいくら公用語だからと言ってインドの十数億を丸ごと英語圏扱いするのは無理があるのでは? 今の話...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829162956

            現状では非英語圏になってる、南インドやアフリカの仏語圏でも国際共通語の必要性は増してくるだろう。その時に選ばれるのは「英語」であると予想すると なんでアフリカの「仏語...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100829171921

              元増田さん? 一時的にそれらの地域で英語が使われることはあるかもしれないが、人口、経済規模、教育水準あたりが整備されるなら当然のごとく現地語に置き換わっていくと思うよ。 ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20100829181526

                >一旦非母語を受け入れた国が、その共通語をさらに英語に置き換えるのに抵抗が強いとは思えないよ。 思うのは勝手だろうけど、実際にこういうことできた国っていくつぐらい実在す...

                • http://anond.hatelabo.jp/20100829184807

                  そこについては、確かに感覚的なものでしかないよ。なんせ英語が最有力になったのって高々この5,60年だし、国際共通語の重要性が高くなったのなんて、せいぜいここ2,30年の話だからね...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20100829190810

                    ルワンダってドイツの次はベルギーでは?英語にしたのも最近英連邦に入ったからという政治的な理由で周辺植民地に影響されたからってものでもないはず。

                    • http://anond.hatelabo.jp/20100829192422

                      ご指摘どうも。仏領>白領は結構一瞬で気付いて直したのに見つかってしまったか。 英語採用の経緯はコモンウェルス加盟を目指しての政治的動機が直接の経緯だけど、それ以前に英語...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100829162956

            ちょっと統計の数字が不正確かな。イスラム人口は12億ってところで、1/3に程遠い。 人口増加率からすると近い将来3分の一になるということ。今の話じゃなくて、これからの話。 h...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100829174612

              ブロックができないからと言って圧倒的多数の人々は国際語を使う必要もないんだから。 ええ。そこはその通りですよ。 元々の20100829102106での趣旨は元増田氏が 「これは「グローバル化...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん