2009-05-28

楽天vsGIGAZINE騒動まとめ

経緯

楽天に登録してあるメールアドレス名前が入ったSPAMが届く

GIGAZINESPAMを取り上げる

GIGAZINEが『楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明』と記事にする

それを見た人がmixiblogに「楽天SPAM業者に個人情報を売りつけた!許せない!!」と書く

更に誤解が広まる

楽天全面否定 ←イマココ!

事実

楽天が1件10円で提供しているのはその店舗で購入した顧客情報リスト

リスト店舗が元々知りえる情報を、伝票印刷システム等で利用するために使用するもの

・通常、リストメールアドレスは含まれない

メールアドレスを含む情報リストでもらうには書類の提出が必要

リストクレジットカード番号は含まれない

 ※株式公開企業またはそれに準じる会社は例外(http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20050916.html])

楽天システムでは、店舗メールアドレスを伝えなくても楽天システム上からメールが送れる

・1件10円は個人情報提供費用ではなく、リスト整形のシステム利用料

・購入時に会員に届くメールCCに、店舗アドレスがあるので店舗は元々メールアドレスを知りえる立場にある

・会員登録時に目を通すことになっている規約には個人情報楽天内の店舗に提供することが記載されている

プレゼント応募(応募者全員で100万ポイント山分け)等でメールマガジンの登録が自動で行われることがある

・購入時にチェックを外さないとメールマガジン登録が行われる

メールマガジンは同意のもとで登録した会員を対象とした物で、不特定多数に送信されるSPAMとは異なる

誤解

不特定多数楽天個人情報を販売

楽天が全ユーザ個人情報店舗に販売

楽天市場個人情報が買える

楽天SPAM業者に個人情報を売っている

楽天システム店舗が入手可能な個人情報クレジットカード番号が含まれる

楽天に会員登録したが店舗個人情報を提供する事に同意した覚えがない

事実かどうか不明

楽天に登録したメールアドレスが流出している

薬事法がらみで楽天つぶしが横行しており、GIGAZINEがどこからかの依頼で記事を書いた

今後どうするか

楽天で登録したメールアドレス名前が入ったSPAMが届いた人は、それがメールマガジンではないことを確認したうえで、どの店舗過去に購入したか情報を共有するといいんじゃないかな。

楽天で使ったアドレス」って表現だと範囲が広すぎて情報の流出もとが特定できない。

楽天で買い物をしたときにメール配信のチェックが毎回デフォルトでONになっているのを何とかしてほしいところですが、メールマガジンは簡単に解除できるので、SPAMSPAMだと騒ぐ暇があったらちゃっちゃと解除しましょう。

おまけ

上記のことを理解した上で「メールアドレス店舗に開示しないのに開示している」と4年前の記事を引っ張ってきて騒いでいる人もいるが、それはまた別の話。楽天で注文したことがあるならCC店舗自分アドレスが渡っていることは一目瞭然なわけで、何年間もその状態だったけどずっとだれも問題視していなかった。

mixiGIGAZINE記事のトラックバックを見ると騒いでいる人大半(7割ぐらいかな)はSPAMメールマガジンの区別が付いていない。理解した上でSPAMが届いたという人がいるけど、それは前述の通り購入した店舗を開示して流出元の特定に協力して欲しいな。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090528203547

記事への反応(ブックマークコメント)