2020-05-29

[]剔抉

てっけつ。

「剔」も「抉」も「えぐる」を意味する。「剔抉」もまた、「えぐる」「えぐりだす」を意味するが、特に欠点悪事をあばきだすときに使う。「SFはそれら(註:人類の諸々の悪)を剔抉して異なる形に製錬できる道具」である、と小川一水は第六回ハヤカワSFコンテストの選評で述べている。

四字熟語の「爬羅剔抉」(はらてっけつ)となると、単に欠点をあばくだけではなく、隠れている人材を探し出して用いる意味もある。「爬」はつめなどでかき寄せる、「羅」は網で鳥を残らず捕ることを意味している。

  • 本书对题画诗既溯源探流,又爬罗剔抉;既言题画赞 みたいな文章もあるから中国の古語のようですな

    • それを言ったら熟語の大半は中国語からな訳で。。

      • 中国の古語 → 江戸明治に日本に輸入 → 再輸出して中国語化 ってのもあるよ「人気」「労働」とかね 今日学んだ単語ってのはたいてい明治に使われてた現代は使われてない言葉

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん