2014-07-08

喫煙社会にどう見られてきたか

かつて喫煙はガムを噛むのと同じだった。

どこで吸っても構わなかった。

ただし、嫌悪感を示す人もいた。

やがて犬の排泄と同じになった。

縄張りの中でタバコを吸うことが許された。

しかし徐々にその縄張りは小さくなった。

そして今、わいせつ行為と同じくらい背徳的な行為になっている。

もう人の前でタバコを吸うことはできない。

喫煙家と知られた日には風俗嬢のように蔑んだ目で見られる時代になった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん