2010-07-23

記録その3。あるいは、おしまいの日へのカウントダウン

前々回:http://anond.hatelabo.jp/20100711032425

前回:http://anond.hatelabo.jp/20100713031555

クローズドβリリース直前、テスト佳境のただ中、ついに倒れてしまった。大失態だ。おそらく朦朧としているところを、他の大勢にも見られている。

政治層でいうと、楽観的な見通しを持つボスと、コンプライアンスを第一に考える人事部との軋轢に巻き込まれている。そもそも前者には俺の危機感と重圧は全く伝わっておらず、後者はともかく(社会的に)穏当な状況を作って事を終わらせようとしている。どちらも現実直視してはいない。

ボスからは「引き継ぎにどのくらい掛かるか」を聞かれた。実にバカなことを聞く。そもそも引き継げる人材など、いるはずもないのに(詳細は前回を参照)。加えてこのプロジェクトは、プロジェクトメンバー以外の全員から嫌われている。おそらく手を挙げる人間もいないし、押しつけようとしても退職などして、どうあっても逃げ出すだろう。プロジェクトメンバーにはある程度信頼をもたれている(俺が120%頑張ることを前提として)のが不幸中の幸いと言える。

ともかく、現状のプロジェクトメンバーに引き継げる業務の内容と量ではない。ともかくも、ドキュメントを整備して、引き継ぎ事項をまとめるのにおおむね1ヶ月、と答えた。まあ、本来ならば半分で済むのだが、現状の俺のパフォーマンスを考えれば、倍の時間でも厳しいだろう。

「そんなに掛かるわけないだろう」

ボスは笑って応じた。「完璧に引き継がなくてもいい。適当でいいんだ」とも言った。

バカな。今まで我々が手がけたプロジェクトが次々と火を噴き、主要メンバー過労死ラインを越えている理由が分からないのか。ドキュメントの不備と適当な引き継ぎによる現場からの無理矢理の引きはがしだ。あれだけ痛い目を見たのに、ボスはもう一度それを繰り返せと言う。こんな楽観論が戦場でまかり通っている限り、この戦争には確実に負ける。そう思った。

引き継ぎ先についても

「今のプロジェクトメンバー、早く帰りすぎだよね。まだ頑張れるよ」

と抜かした。過労死ラインを越えさせず、きちんと休みを取らせる人的マネジメントを俺と相方でやってきた。それを根本から否定されたわけだ。結局のところ、このボスマネジメントというものを根本から理解していないのだろう。いや、俺にも出来ているかどうかは相当怪しいが、やってはいけないこととやってもいいことくらいは分かっているつもりだ。

人事屋は主治医と面会したいといっている。まあ、妥当な要求だ。これは俺も飲むつもりである。ただ、腹にどういう考えを持っているのかは分からない。何せ、人事屋とは職務上あまり接してきていないのだ。まあ、おおむね俺の状況を確認し、適切な処置を行ったというアリバイを作りたいのだろう。

そして、ボスと人事屋の見解は、おおむね異なっている。というより、人事屋はボスの「やっつけ感」に対して不審を持っているようだ。俺が人事屋でもそう思うだろう。そして、その駆け引きの道具と化したのが俺である。ちなみに大リストラを敢行し俺を窮地に陥れたのはこの人事屋の仕事によるところも大きい。そう思うと、彼が味方であるとは全く思えないわけだ。

政治層の話はどうせまた変わるし、社会ではよくある光景でもあるからこのくらいにしておく。なんとなくこの先、大ボス登場の予感もあったりするし。

振り返って、自分。今回倒れた原因は、ひとつクスリを飲む時間の調整を間違えたことに起因している。実際、あのタイミングで服用していなければ今日一日くらいは持っただろう。もう一つは、過剰に体調を整えようと早朝出勤を繰り返したツケ、であろうか。何せ外のコンディションが悪い。暑くなる前に出社しないと、出勤だけでほぼダウンしてしまう程度には体力がなくなっている。とはいえ始発で出勤はやり過ぎだった。

今回の事案で、仕事の進捗にも多少問題が発生するが、メンバー不安が波及するほうが問題だ。今まで自分がこれだけ心身ぶっ壊れていることを告げないようにしていたのだ。他の増田に「パニックは波及する」と指摘されていたが、確かにその通り。このプロジェクトは「俺が全ての元凶です」とことあるごとにネタにする程度には、俺を信頼して仕事を進めてくれている人たちで構成されている。できれば、隠し通しておきたかった。

では、俺が仮にquitするとなると、どうなるのか。信頼すべき「灯台」となる人間がいなくなってしまうわけだ。そんなプロジェクト、続けていられるだろうか。少なくとも迷走はするだろう。頭の中には最悪のシナリオが常に浮かんでいる。

友人にもこの話をしたが、冷たく「どうせ他人は他人なんだから、そんな面倒見なくていいよ。行方不明にでも何でもなっちまえよ」と言われた。人事屋にも「会社というのはそういうときの人を守るための組織ですから、他の人の心配はしなくともいいですよ」と言っていた。なお、繰り返し書いておくと、この人事屋がリストラ実施し、俺たちの必死の抵抗むなしく部下や同僚を退職に追い込んだのである。

義理と仁義、人情仕事を進めるのが信条の俺(師匠筋がそうだったから)にとって、こういうやり方は正直受け入れがたい。できることなら、俺を信頼してくれているメンバーが笑って暮らしていけるように道筋を整えておいてやりたい。今までダメだったやり方を全て教えて、同じ轍を踏ませないようにしたい。…そんなことを思えるくらいには、自分にはまだ余裕があるのだな、という気もしている。まだ、なにかできることがあるはずだ。それを考えながら、おしまいの日(何のおしまいなのかはまだ見えていないが)を数え待つことにしよう。


余談。テスト工程短くね、というマジレスくれた増田へ。ある意味でいうとその通りで、テストはちょっと足らない。ただ、そんなに不安視はしていなくて、それは開発時の工夫だったり、準備に相当時間かけてたり(途中準備しか出来ない時期があった副産物)した結果、ちょっとだけ足らない状況で済んでいるって感じ。実はそこは余り心配していなかったりする。あと、俺らの業界だとテストすっ飛ばすのも日常だったりするので(よくないです!)、これだけテストしてるってのは、ボスとかから言わせると「余裕あるじゃん」ということ、らしい。

それからスケジュールと主要機能定義はもうどうしようもなく動かせない状態で存在しており、これを動かすとなると、俺やボスレベルでは対処できる政治層の問題ではなくなる、というのがもっとも恐ろしいアレなわけで…。

記事への反応 -
  • 思いの記録、あるいは「仕事と人生とどちらが大事なの?」

    「言ってることは分かるけど、でも、君の人生のほうが大事なんだから、今は休むことを考えなさい」 と言われた。つまり、休職しろという通知。人事より。 仕事のパフォーマンス...

    • 記録その3。あるいは、おしまいの日へのカウントダウン。

      前々回:http://anond.hatelabo.jp/20100711032425 前回:http://anond.hatelabo.jp/20100713031555 クローズドβリリーズ直前、テスト佳境のただ中、ついに倒れてしまった。大失態だ。おそらく朦朧としている...

      • 記録その4。人生から強制リタイアさせられた後のこと。

        少し間が空いたが、いろいろあった。 前回:http://anond.hatelabo.jp/20100723014520 実は記録その3を書いた次の日には運命が決まってしまっていた。人事部の勝ち。朝仕事した後面談し、その...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100805013139

          その先どうなるか知ってるか? 生活できなくなって実家に帰って自宅警備員www 引きこもって親と対立www 世の中を恨むなとか言って説教されてさwww ともかく休め。 休む事...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100805144737

            増田は大上段に構えて偉そうに何か説いているけど、何か琴線にふれることがあったの? その原動力が知りたいなー この増田に、ぼちぼち『学歴キチガイ』と同等のネーミングをあた...

        • 記録その5。つかの間の平穏。その先にある最期。

          前回:http://anond.hatelabo.jp/20100805013139 また大分間が空いてしまったけれども。 今はとても穏やかに時を過ごしている。何もすることもなく、何かしなくてはいけないこともなく。ただ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100711032425

      端的に見て、あなた、精神的にテンパってるじゃん。 端的に考えて、パニックは伝染するので休め。 今のあなたの仕事は、休んで、冷静な判断能力を取り戻すこと。

      • http://anond.hatelabo.jp/20100711034132

        ありがとう。感謝。 でも、休んでも戻ってくる先がないだろうな、という確信があるのが怖い。もうアラフォーもだいぶ行ってる感じで、他の仕事出来る気もしないし。やっぱり休み→...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100711034950

          どっちみち、判断能力が鈍っていては、転職も復帰もなにもできん。 寝ろ。休め。次の一手を打つために、冷静な判断能力を取り戻せ。 結局それが、自分のためだし仲間のためだ。 逆...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100711032425

      補遺。 両親にはまだこのことを話していない。ここが一番の問題。というのも今同居なんだが、同居してる理由が「父親があまり調子がよろしくないから」という理由だったりするもん...

    • 過労自殺は最多81人、22.7%増

      仕事上のストレスが原因の過労による自殺で2007年度に労災認定された人は、前年度比22.7%増で過去最多の81人だったことが23日、厚生労働省のまとめで分かった。長時間労働で発症する...

    • 記録を遺さないと、記憶から消えていってしまうから

      http://anond.hatelabo.jp/20100711032425 の続き。 「先生」の体調が悪い。今日はかなり熱が高い中出社すると言われたので、寝ていてくださいと拝み倒した。本当は現場は待ったなしなのだが。...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100713031555

        なんか、試験工程を甘く見てないかとマジレス。 試験工程は製造の3倍以上の工数がかかる。 試験の最後の1%は今までかけた稼働と同じだけの稼働がかかる(一番難しい) ってのを...

    • 似たような状況

      http://anond.hatelabo.jp/20100711032425 内容がほとんど同じだ・・・私は人生を取った。 休職もすすめられたが申し訳ないので退職した。 私は「先生」側のポジションであったがどこも似たよ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん