2013-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20130614091819

生にコミットできないので、死のうと常々考えていて、でも、親が悲しむだろーなー、なんて思ったので、あんま悲しまないように話し合いを重ねているが、議論は平行線を辿る。親が泣くばかり。別に悲しむべきことではない、と言っているが聞かない。もっと人が自らの意志死ぬことを受け入れて欲しい。

死ぬことも、生き続けることも、平等に判断されるべきだと思うが、宗教的教義のように死が否定される。老人ホーム病院行くと、莫大なコストをかけて生かしておく価値があるのか疑問に思う老人がいるな、といつも思うよ。彼らの中には、死にたい、生きている意味がない、って言ってる人も少なくないのに。死にたい人には死を与えてやろうよ。


一部の人宗教的(とも思える)信念だけで、生きてる人たちの社会邪魔するのはやめようよ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130614145721

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん