2019-03-04

anond:20190304112833

第二章『集合論

以下、集合論フローチャート集合論フローチャート基本的に図で示す。赤が指定先、青が指定先の否定を表す。


以上だ。ここから先は図で示しているので、もう書くことはできない。

今までの文章で何かあると思わない人なら、おそらくここからも読んでも分からないだろう。

どうなるかは分かっていたが、やらざるを得なかった。

記事への反応 -
  • 『関係を記述する方法としてのベーシック・イングリッシュ』

    ベーシック・イングリッシュという850語で英語を言い換える体系を研究して、関係の記述についての理論を見出した。 どうせまた叩かれるんだろうが。他に発表する場所も無い。 https...

    • anond:20190304103800

      もはや理論がまとまるたびの恒例行事ではあるんだが、まあそうだろうと思った。 しかし人間の現状肯定のバイアスは凄まじいなというか、正しい理論があればその理論は広まっていか...

      • anond:20190304110447

        >> 目次 https://medium.com/@0h0n0/e3e429688456(このページ) はじめに『この文章について、フローチャートの重要性について』 第一章『関係を記述する方法としての「基準」とその基準か...

        • anond:20190304111934

          第一章『関係を記述する方法としての「基準」とその基準からの「指定」』 このベーシックイングリッシュの分析においては、「基準」とその基準からの「指定」という概念が、フロー...

          • anond:20190304112833

            第二章『集合論』 以下、集合論、フローチャート、集合論+フローチャートは基本的に図で示す。赤が指定先、青が指定先の否定を表す。 以上だ。ここから先は図で示しているので、...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん