2015-09-18

頼朝に終われ安宅の関を通過する義経一行。だが、それは富樫の巧妙な罠だった。

義経様の変装は 私に看破される為に築いてきたんですものね」

「いつもの力が出せれば…こんな関守なんかに…!」

「よかったじゃないですか 頼朝のせいにできて」

「んんんんんんんっ!(山伏問答)」

「へへへ おい、巻物を用意しろ。みんなで勧進帳読上げをさせてやる」

(読まなきゃ…!!今は読むしかない…!!)

「番卒様の生義経ゲ~ット」

(いけない…!剛力義経なのを悟られたら…!)

「生弁慶様の生打擲を拝見してもよろしいでしょうか?」

「こんな奴らに…くやしい…! でも…勧進帳!」(ビクッビクッ

「おっと、心を打たれてしまたか。甘い通行許可いつまでもとれないだろう?」

それから弁慶はは後から侵入してきた富樫に延年の舞して飛び六方した

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん