2016-03-28

いくら考えても結論は1つだった

労使関係対立構造しか捉えられなかった。

どちらかが一方的泣き寝入りするか、双方共倒れシナリオしかかばなかった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん