2021-05-07

『来熊』の読みを初めて知りましたよ

熊が来るのではなくて熊本県に来ることを『来熊』と言うそうだ。それは肌感覚でわかる。問題はその読みだ。ふつうに『らいくま』と読んだらば違うと。『らいゆう』が正解だと。熊の音読みは『ゆう』、勉強になりました。熊本県に住む人たちはみんなこの読みを知っているわけですよ。すごいなあ。

とはいえとはいえですよ、もし雷句誠熊本県を訪ねてきたときは『らいくま』ということでお願いしたいですよ。

  • 新しい熊嵐の話かと思ったら

  • 来熊ローリング・ストーン

  • ダイナミックらいくま~

  • はてな武熊苦

  • 鹿児島県に来るのは来鹿(ライカ) 高級カメラみたいでかっこいいな

  • 言葉というのはお互いに意志疎通する為に生まれて来たんだろ? 分かり合う為のツールなんだろ? 意志疎通を否定してくだらんマウント取りしてどうすんだよ.........

  • 私は三国志から。曹操が死んだときにその息子の曹熊(そうゆう)の名前が出てくる。 そのノリでユリ熊嵐はユリゆうらんだと思ってたらこっちは素直にくまあらしだった。

    • 自分は熊胆。 むしろそれ以外の用例を今の今まで知らなかった。

    • 熊掌かな 沈夫人の料理人で読んだ

    • 熊害じゃないかな と思って「ゆうがい」と入力したがスマホでは出なかった

  • 熊襲が来たのかと思った(佐治並感)

  • 北熊(ほくゆう)ラーメンの熊(ゆう)

  • Uターンは帰熊とよぶらしい

  • 青森に帰省することを「帰青」(きせい)と言う。これは書き言葉で使う。(メールでバイト数やタイプが節約できる。)

  • 留学生で 陳さん金さん劉さん馬さん・・・の他に熊さんがいて 「ゆうさん」と呼ばれていたな。 ひとによってはゆう↑さんと発音していたかも。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん