2015-12-15

ミレーの落ち穂拾いを見た時に


ああぁ、絵ってこういう事なのかとふと腑に落ちた事を思い出した。

日本晩秋を描こうとすれば、そこには紅葉があり、色彩がある。早いところでは雪もテーマとして使えるだろう。

でもヨーロッパミレーにはそれが無かった。だからフィールドを使ってあの独特の晩秋の寒さをあそこまで表現できたのだと。

自分がいかにミノムシレベル無知なのかを思い知った瞬間の一つだった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん