2010-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20100120181818

参政権外国人に対しては認められない+外国人に対して認められる人権の話→参政権を除いた人権の話。

参政権付与が一般的に禁止されているわけじゃないから、認められないとまではいえないんじゃないの?

判例は、禁止説は否定してるような。

財産権も営業の自由も外国人に対して認めないとは、なかなかラディカルだなお前。

航空機の登録を受ける権利が、性質として日本国民のみを対象としているんじゃないの?

許可を必要としてるってことは、少なくとも一般的には禁止されているわけだろ。

この許可が講学上の「特許」なら、権利付与ってことになるし。

で、判例通説はどこにある?

下でお前さんが引用してるのは前文みたいな間接証拠ばっかりじゃないか。憲法15条も最判H7.2.28も引かないのは脳内概念の自覚があるからか。

だから、ご愛敬だといったじゃないか。

途中からは、まんま浦部説だけどなw

国家的な人権理念として、または史的現実としてありうるかどうかは議論の余地がある。というかその手の空虚定義から演繹的に何かを導こうとするのは科学的じゃない。

(中略)

条約を出せば相手がびびると思うな。国際人権規約B§25は締約国に外国人参政権を義務付けたものじゃない。国連総会第6委員会議事録でもぐぐっとけ。

そこまでって、性質説の論証だけど。

だから、「参政権」じゃなくて「人権」ってなってるでしょ。

そこからの国民主権との関係性が、浦部説の展開で。

はいはいプープル主権。未成年者にも乳幼児にも参政権を与えなくちゃならないとは大変だね。

未成年者は、その未成熟性からパターナリスティックな制約ができるよね。

その根拠は? また自由権社会権ならまだしも参政権にまでその基準が及ぶという理由は?

最判H7.2.28の「わが国に在留する外国人のうちでも永住者等であって、その居住する区域の地方公共団体と特段に密接な関係を持つに至ったと認められる者」って、生活実態が国民一般と変わらないってことじゃないの。

参政権についてこう考えているってことは、規範として「人権の問題を考える際に重要なのは、その人の国籍ではなく、生活の実態である。」と考えてるってことじゃないかと。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100120155130

    外国人にも保障されている権利について、差別することが許されるのか?という趣旨で指摘したんだが。 えええ? 今話題になってるのは参政権じゃないの? なに? 表現の自由と...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100120161635

      えええ? 今話題になってるのは参政権じゃないの? なに? 表現の自由とか? 法廷でメモとる権利は外国人にも当然に保障されるよ。良かったね!(レペタ事件) メインは参政...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100120164731

        それを一般論であるかのようにいってるから。 責任転嫁すんな。「参政権を含む」人権についての外国人の享有主体性の話だろうが。「参政権を除く」人権について話をしたのはお前...

        • http://anond.hatelabo.jp/20100120170329

          責任転嫁すんな。「参政権を含む」人権についての外国人の享有主体性の話だろうが。「参政権を除く」人権について話をしたのはお前だ。 は? 参政権を除く話などしてないだろ。 ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20100120174550

            参政権を除く話などしてないだろ。 参政権は外国人に対しては認められない+外国人に対して認められる人権の話→参政権を除いた人権の話。 それは、外国人に保障される人権じゃ...

            • http://anond.hatelabo.jp/20100120181818

              参政権は外国人に対しては認められない+外国人に対して認められる人権の話→参政権を除いた人権の話。 参政権付与が一般的に禁止されているわけじゃないから、認められないとま...

              • http://anond.hatelabo.jp/20100120184140

                禁止説を否定してたのは傍論だから、禁止説の判決が出る可能性も否定できないような気がするけどどうなんだろう。

                • http://anond.hatelabo.jp/20100120192719

                  可能性だけでいうなら、判例変更だってあり得るって話になるよね。 それに、傍論に先例的価値がまったくないというなら、朝日訴訟はどうなるの?ってことになるし。

                  • http://anond.hatelabo.jp/20100120193610

                    我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20100120194840

                      その傍論でも、永住者等であってかつ「特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるもの」に選挙権を与える措置を講ずるのは禁止されてない、なんだよな。 だから、永住者全員...

                      • http://anond.hatelabo.jp/20100120201331

                        各地方自治体に選択権を与えろよ、とか思ってる俺は特段に緊密な関係を持つに至ったと認めるかどうかを自治体に判断させればいいんじゃないかなーとか思ったりもするけど、まあど...

                        • http://anond.hatelabo.jp/20100120203722

                          各地方自治体に選択権を与えろよ、とか思ってる俺は、特段に緊密な関係を持つに至ったと認めるかどうかを自治体に判断させればいいんじゃないかなー、と思ったりもするけど、まあ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん