2008-11-21

メタボ認定

「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の座長の、トヨタ相談役奥田碩という人物が厚労省叩きに文句を言ったということが物議を醸しているようだ。大メーカが傲慢なのは今に始まったことではないが、トヨタ厚労省を擁護する理由が追及されてないのが不思議である。

成人病が問題なのは昔から変わらないが、メタボに関する最近の盛り上がりは異常である。「太り気味」程度を「病気」と認定することにより得する連中が煽っているのであろう。

メタボ対策組織を沢山作れば天下り先が増えるから厚労省メタボを煽るのは理解できる。またトヨタのようなメーカにとって、病気が長引くメタボ連中医療費を少しでも負担するのは嫌にきまっているから、1000万人のメタボ認定者をフィルタして、医療費のかからない奴だけ雇えれば嬉しいだろう。「国民健康増進法」によれば健康国民の「義務」らしいので、不健康メタボ人間非国民認定して雇用対象外にするのは何も問題無いことになってしまう。

メタボの調査や対策はすべて疑うべし。叩くべきところは叩くべし!

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん