2007-03-23

可能性はゼロではない

http://anond.hatelabo.jp/20070323102733

そういえば、朔ユキ蔵の「つゆダク」にそんなエピソードがあった。

それなりに経験はあるけど、思い当たるフシもないから違うと思うんだけど。

でも昨日までそうだからって、今日も同じとは限らないし。

彼だけが耐えられない、DNAマジックってこともあるし。

もしそれが理由だとしたら(あくまで仮定!)、なんか申し訳ない気がしてきた。

これまで一方的に「テメーそれはないだろ」を前提にすべてが動いてたけど、

コペルニクス的に転回しましたよ。

世の中の不条理な別れのウラには、どんだけ「言えなかった事実」があるんでしょうね。

むしろ切ない。

増田に書いてみてよかった。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん