2018-09-14

anond:20180914070847

凄くまともに読める怪文書だった

面白い

太古の昔から今まで人はエネルギーを奪い合って戦争起こしてきたよね

石油求めて大日本帝国南方進出したし、フセインという大義名分中東石油湾岸戦争起こしたし

デストロンサイバトロンもなんかピンクの長方体のエネルギーの争いだった

人が生きていくにはエネルギー必要

記事への反応 -
  • 北海道の地震をうけて、何故か「泊原発が稼働していたら」という話が独り歩きしており、それに対する議論がどこまでいっても頓珍漢なのでちょっと書く。怪文書ブームなので丁度良...

    • 凄くまともに読める怪文書だった 面白い 太古の昔から今まで人はエネルギーを奪い合って戦争起こしてきたよね 石油求めて大日本帝国は南方進出したし、フセインという大義名分で中...

    • 新たにガス火力や石炭火力発電所を造るのにも10年単位の環境アセスメントが必要だし、すぐには造ることは出来ない。 だったら、既に完成している状態の泊原発を動かした方が「安...

      • 新石狩を計画したときに同規模を北海道各所に分散して更に数か所立ち上げるような カネと決断力が北電にあれば…

        • 街も人もなんもないところに発電所作ったとして、そこで働く職員はどうするんだ?ど田舎に送り込むのってほとんど暴力だよな。

          • カネ カネさえあれば設備に付随する街区を整備しつつ 僻地勤務にきっちり報いるたーっぷりの報酬を出すことができる ほんとカネがあればなぁ… 北電を上から下までコンビニバイト並...

      • インフラは止まることがある前提で、各自対応しながら生活するのが一番安上がり、どうせ将来の日本は衰退して頻繁に停電起きるようになるから

        • 市民がそれで納得しないからな…

          • 結局そこだよねー 現場がどんなに合理的な施策を出しても市民が納得しなければ簡単にひっくり返る 民主主義だからなー、良くも悪くも

          • 不便になるのを納得しないのは正常だよ でも現実は必ず日本は衰退するからしょうがない

        • 市民の停電感覚で考えてたら、その発想になるかもしれないけど、 例えばでかい工場が数時間止まったら、帳簿上の損失は千万単位とかになりかねないのですわ。 そんなことが起こる...

          • 説得されそうになったが、近年工場進出が盛んな地域って電力供給が不安定な地域ばっかりで、現実と照らし合わせると逆だな

      • 2019年2月に運転開始予定の石狩湾新港発電所は、計画が公表されたのが2011年 http://www.hepco.co.jp/info/2011/1187960_1445.html 建設費用は1号機が数百億円、1-3号機の総投資額は3000億超 https://www.nikk...

    • 東電叩きを隠れ蓑にして結局自民党マンセーにつなげるネトサポか 次から次へとよくもまあいろんな手を考えるものだ まあ稼ぎに直結するのだろうから当たり前かw 書き方自体が品性下...

    • 全く怪文書ではないのでこういう言論がもっと活発化すれば良いのにと思う 某SNSは再稼働派の声がデカすぎて冷静になれていない

    • 反原発の成果なんだから誇りを持って受け入れるんだよ そもそも余計なことに金を使うなと言ったのは他ならぬ国民自身だからね

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん