2018-08-01

セックスした雄がメスに食われたり出産したメスが死ぬ種族って

地獄に落ちる蟻も必死に逃げようとするし、死への恐怖はどんな生き物にもありそうなのに何で生殖しようとするんだろうな。

  • 特に理由はない。

    • 個体それぞれに理由はなくても群体に意志が無いとは言えない。 アリが膨大な個体数を以て土中に社会を構築したりするのと同様に 天網のように疎でありつつもやつらの「意識」を司る...

      • 日本人って群れの意思ってやっぱあるのかねぇ。 この場合はアベマンセーとかアベ氏ねとか政治的な意味ではない

      • 利己的遺伝子というタイトルが嫌いなんだよね俺。 ・利己的遺伝子論は遺伝子が意思を持って振る舞うと言う意味ではない。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/利己的遺伝子#さまざまな誤解

  • 自分の初射精の何かすごいものが来るみたいな期待感と快感を思い返すと 死ぬんだとしてもやってしまう気がする

  • 子孫を残すことが重要で、種の存続こそが最重要。 蟻地獄から蟻が逃げるのは蟻地獄に食われたら子孫残せないから 種のために自死を選ばない生物は人間くらい

  • こんばんは、カマキリのオスです。今まさに愛する妻に食いちぎられている最中、これを記述しています。 私には人間の営みがどのようなものであるのかは皆目見当も付きませんが、自...

    • おつかれさま

    • 増田にはカマキリもいるのか と反応した今はもうこの世にはいないのだな

    • なんという純文学。

    • 彼女が興奮のあまりに喰い散らかすバージョンもたのむ 「とまらないのおおお(ムシャムシャ」的な

    • ああもういっそのこと食われて死んでしまいたい

    •   理性的に 危険を察知して 逃げ切る オスも いる                                 anond:20180801123903

    • 「こんばんは、カマキリのオスです。今まさに愛する妻に食いちぎられている最中、これを記述しています。」の一文が残念。 「今、愛する妻に食いちぎられています。」かな。

    • 一人の妻と子と種のために 不平不満を漏らさず、馬車馬のように働き 最後は自分の宿命を受け入れ命を投げうつ まだ見ぬ後世の為に   これが生物学的に見て オスのあるべき姿   ブラ...

      • 「不平不満を漏らさず、馬車馬のように働」いてる会社の事業が 表現の自由を踏みにじられたことで倒産してもおk?

      • その考え方は危うい感じがする。 Youは生物学の正しさのために生き、そして死ぬのか?違うだろう。 帰納と演繹が混乱している感じ。

    • くるび先生「結論から言うとね、カマキリに心はないです」

  • 中島らも「日の出通りいきいきデー」 にて、 いきいきデー中は人を殺していい楽しい祭りとされており、 主人公の中華屋はナタ包丁と鉄鍋で命のやり取りを楽しむんだけど、 なぜ戦う...

  • セックスと妊娠や出産の間に因果関係があることを知っている昆虫とか動物とかいるのか?人間でさえ原始人っぽい種族は今でも知らないらしい。いわんや虫をや。 セックスしたら食...

  • どうせ自分は死ぬし、食べられた自身が栄養となって子供となって生まれ変われることを種が知っているからじゃないかな

  • 成り行きだと思うな

  • 交尾したらオスを食べるってカマキリも、親からそう教わったわけじゃないし 本能としてオス食うって知ってるのかなあ

  • 🐟鮭です!自分たちも産卵したら死んじゃうよ!

  • 交尾中のメスのフェロモンであへあへになってるからって聞いた事あるな。 (ガセだったらごめん) でももし本当にそうだったら、死ぬのも怖くなくなるくらい交尾が気持ち良くなってる...

  • 敵に襲われる恐怖はあっても、死への恐怖があるとは限らないよな

  • セックス後の雄は喰われまいと必死に逃げるって聞いたことがあるけど。。

  • 「まさか死ぬとは思わなかった」って感じじゃないの

  • こんばんは、カバキコマチグモのメスです。 今まさに私がお腹を痛めて産んだ子供たちに体液を吸われています。 子供たちの父親はわかりません。私が巣で寝ていたら襲われて妊娠しそ...

  • 猿とかゴリラでも、子殺しがあるらしいし。なかなか業(カルマ?)が深い話ではある。

  •  こんにちは、deathの6のcoinです。  カマキリの雌が雄を食った場合と食わない場合の卵の違いを書いた文献(を引用した文献)に出会ったので報告します。 「昆虫のすごい瞬間図鑑 ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん