2017-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

もうすこし。

ITU-Tプレゼン

http://www.itu.int/en/ITU-T/gsi/iptv/Documents/ws/201606Brain/S1P2-Hiroki_Oka-ImPACT-ecosystems_for_BrainHealth.pdf

これのp7は一応対象群があるみたい。有意差は、ギリギリw。

Shimane University というところからデータをもらったとのこと。

これに関する文献は見つからず。

まあどこにも科学って書いてないしね。

記事への反応 -
  • 山川氏の論文

    背景 http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20170413#p1 博士論文「From brain to business : 脳の環境適応戦略から企業の環境適応戦略を紐解く」 http://ci.nii.ac.jp/naid/500000436370 アブストしかない http://repository.kulib.k...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

      もうすこし。 ITU-Tのプレゼン http://www.itu.int/en/ITU-T/gsi/iptv/Documents/ws/201606Brain/S1P2-Hiroki_Oka-ImPACT-ecosystems_for_BrainHealth.pdf これのp7は一応対象群があるみたい。 有意差は、ギリギリw

    • http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

      続き。BHQの標準化活動。 中身見れないけど、山川氏のアクティビティはあるのかな。 まあそれなりの人が参加してればそれなりと言えるかもしれない。構成員わからないけど。 https://www...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

      http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/136459 に載っているもので確認できる。中身は自分は見えないので現役研究者の方に確認していただきたいが、おそらく原著論文ではないかと思...

    • http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

      出勤したくないのでもう少し調べる https://www.atpress.ne.jp/releases/122654/att_122654_2.pdf p2の図からわかること > 図中に示されている%は、参加者の中で BHQ の値の増加した人の比率で、その横...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん