2010-06-03

発達障害がある人の犯罪矯正

7年前、4歳児が裸で立体駐車場から発達障害ありとされた少年に突き落とされた事件では、地元新聞各紙が3日連続1面トップで障害名を報じ、障害者家族や支援者からマスコミ批判が起きた。

 そのころから報道は変わった。自宅に放火して家族を死なせたり、母親毒物を盛って衰弱していく様子を観察したり、若い姉妹を惨殺したり……。これらの事件でも容疑者発達障害があると診断されたが、障害名が大きく報道されることはなかった。

 今年3月、触法障害者矯正について英国を取材した。二つの保安病院を視察し、研究者英国自閉症協会のスタッフに会った。殺人など重要事件を起こした障害者が収容されている高度保安病院では、患者1人に年間4000万円の予算が費やされている。再犯リスクが低減して地域生活に戻ると、後見命令によって6~12人のスタッフが24時間態勢で見守り支援をするという。

(中略)

著名な自閉症研究者パトリシア・ハウリン教授言葉だ。「猟奇的な犯罪メディアをひきつけ、アスペルガー症候群の人はみんな事件を起こすかのように報道する。10年前から少しも変わらない。ニュース性がなくなるとすぐに忘れ、フォローもしない」

発達障害がある人の犯罪矯正

http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20100603k0000m070116000c.html


この手の「罪と障害」の関係は難しい。

ウイルスがある=病気といったはっきりとした基準や境界があるのと違い、

関係が連続的な「類型的な分類」でしか判断できない病気と言うのは争いがおきやすい。

どこまでが「障害」でどこまでが「性格」なんだと判断するかは

社会状況や、その人の立ち位置(被害側or加害側orそれ以外など)によって変わるからだ。

性格」であれが「犯罪」として裁かれるし

「障害」であれば「症状」として治療される。

上の記事では

「Aという障害のある者の大部分は犯罪を犯さない。一部の者のみが起こす」

と言っているが、それであればその障害自体は罪をおかす要因じゃないって

言ってることと等しく受け取れる。

しかしいったん罪を犯した場合

「(Aという障害のある内の)一部の者」と判断されれば裁かれずに治療となる。

一方「Aという障害のない者」は裁かれ、ある者は死刑となる。


となればこのようなあやふやなしきい値に対しては

「もともと人のことを殺せると言う時点で「障害」だ」

と考えるほうが全うだとおもうしさらに言えば

「「障害」なんてなくて、皆等しく裁かれる」

という考えが的を得ているように思う。

  • http://anond.hatelabo.jp/20100603204724

    薬物中毒もそうなんだけど、(通り魔殺人とかで犯人が覚せい剤中毒だったりすると当てはまる) そのとき犯罪を犯す意識がないから、「その犯罪については」無罪になったりする。 ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん