2008-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20081208233633

まあなんつーても私は飢えるのが一番嫌だよ。惨めだし。

土壌改良とか農機具農薬品種改良って・・・・それは駄目だろ。石油つぎ込んで作ってるような農産物は、江戸時代みたいに閉じた環境にもどしたとしたら作れなくなるんだからさ。それに人口が減れば技術も失われると思わなければならない。

私は社会が「日本人は純血守る代わりに全滅もアリ」って言っちゃったら絶対逃げるぞw そんな意見に広く合意が得られるなんて思わないでほしい。健康で文化的な最低限の生活は保障してくれないと困る。

まあそもそも「日本人の純血」なんて信じてないんだけどさ。日本国籍持ってるのが日本人で、それ以外の定義なんて胡散臭くて一般に使えるものではないと思うよ。

ということも踏まえ、

日本日本人がいる環境できるだけつづくといいなあ」というのもそれらと等価な答えとしてあり得る。

ねーよ。ある側面での等価は認めても、私はそれに議論される価値を認めない。

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20081208222005

    どの程度を持って衣食住が足りてるかと判断するかによるよね。 別に平均寿命50歳でもなんとかなるっちゃあなんとかなるからね。 絶滅するほど衣食住が足りないなら、それはそれで...

    • http://anond.hatelabo.jp/20081208222852

      絶滅はしないだろ。江戸時代には閉じた環境で3000万人を保って体制維持し続けたんだからさ。日本列島は3000万人を養うキャパはあるんだろうたぶん。ただ、そのために「日本人は4人に3...

      • http://anond.hatelabo.jp/20081208224010

        法律の話はおれじゃないなあ。法律の内容とかもほとんど知らんし。特にその件でどうとも思わない。 3/4死ねってのは極論だよ。そもそも外国が食料を輸出してくれなくなるとか食...

        • http://anond.hatelabo.jp/20081208225144

          「他力に甘んじるくらいなら一人で死ぬ」とかって極論持ち出されたからこっちも極論持ってきたんだがマズかったかなw でも全くない展開じゃないと思うよ。氷河期が来るだのって話...

          • http://anond.hatelabo.jp/20081208231445

            で、その「やんわり」をどこまでもをもって「やんわり」とするかだよね。 もうほんのちょっと低下傾向にあるだけでダメだダメだもうおしまいだという人もいるからねえ。 そういうも...

            • http://anond.hatelabo.jp/20081208233633

              まあなんつーても私は飢えるのが一番嫌だよ。惨めだし。 土壌改良とか農機具農薬品種改良って・・・・それは駄目だろ。石油つぎ込んで作ってるような農産物は、江戸時代みたいに閉...

              • http://anond.hatelabo.jp/20081208235759

                だからそれは極論だってば。実際にはならないと思うよ。なってから言ってよ。 で、純血性については、これは単にものの見方に過ぎない。いくらでもものの見方なんてあり得るんだよ...

                • http://anond.hatelabo.jp/20081209000835

                  その時になってから移民受け入れても無駄じゃん。この話はもし進めるとしたら事が起こる前に進める必要があるわけ。 ちょいちょい家族制度と話を絡めてくるのはなんなの? 関連が...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20081209001301

                    幻想性という点で共通してるから。吉本隆明は家族を対幻想、国民国家を集団幻想と呼んだが、どちらも幻想だよと。 で、幻想おおいにけっこうじゃない。残しましょうよ。ってだけ。 ...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20081209001648

                      ああ、そういう意味なの? そういう意味では、やっぱり家族幻想と国家幻想は私には等価ではないな。これは私の生育環境の問題だけれど。家族幻想は私にとって大事だけどそういう国...

                      • http://anond.hatelabo.jp/20081209002606

                        個人の中で等価という意味じゃないよ。そりゃそれぞれの価値観があるからね。 ここでいう等価というのは「そうでなけばならないという絶対的な理由がない」という意味なんだ。 「そ...

                        • http://anond.hatelabo.jp/20081209003432

                          ふーん。なるほど。やっと理解できるたとえが出てきたなw そういう意味なら、納得。 あなたの意見に賛同するかどうかはまたべつの話だけど、分かりやすいお話どうもありがとう。

                          • http://anond.hatelabo.jp/20081209004649

                            お礼言われ(どういたしまして)ついでに蛇足すると↓ http://anond.hatelabo.jp/20081206233552 の人の言うような世界がどうしても嫌なんだよね。もちろん極論であってやすやすとそんな世界には...

                            • http://anond.hatelabo.jp/20081209010328

                              うーん。地球に流れる時間が有限である以上、絶対そうはならないと思うけど。私は一色塗りは嫌だけど、グラデーション的な世界っつー空想には抵抗ないんだよね。

                              • http://anond.hatelabo.jp/20081209013020

                                それってこことつながるのかもしれない http://anond.hatelabo.jp/20081208221552 一色塗りに抵抗を感じるのって結局 「え?○○文化ぁ?そんなのたいしたことねぇだろこっちの方がすげぇよ」 み...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん