2008-08-02

http://anond.hatelabo.jp/20080802014426

えーとね、こういうのは経験しないとわからないことがあるから余り俺の意見を言っても仕方ないと思うんだよね。むしろ、人の意見を下手に聞くと間違って鵜呑みにして余計変なことになるのがオチだから、結局は自分で考えるしかないんだけどね。

仮説というほど根拠のあることとは思えない、論理的に飛躍がある、というなら是非、その部分を指摘して、僕の仮説なんかコテンパンにのしてしまって欲しいのですが……僕が一番望んでるのは、それです。僕自身一番認めたくない考えだから。

じゃあちょっとやってみようか。

しかし、既に「問題が解ける」ならば、その問題はあまりやる必要がなくて、寧ろ、解けないものこそ解けるようにすべきなわけだろ。

とすると、勉強をしていて「楽しい」と思う瞬間ってのは、イコール受験資格勉強的には無駄時間であって、受験資格勉強的に有意義な勉強というとどうしたって苦しくならざるを得ないのだろうか?

http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

ここの第一文と第二文が飛躍じゃないかなと思うんだ。なぜかというと、

  • 解けることだけが楽しいのか?解けないことに苦しんでいる時間の中に楽しみはないのか?
  • 解けそうだという感触が持てることと、実際に解けることは同一視してよいのか?

この辺の話がすっ飛ばされてる気がするからなんだ。

わかりにくいから、ゲームでたとえてみようか。

まず前者は、神竜でもダークドレアムでも何でもいいんだけど、反則的に強い裏ボスを倒すために必死こいてレベル上げしたりするわけだけど、そのレベル上げ自体が苦痛な作業なのかな、ってこと。好きでもないゲームレベル上げなら苦痛だろうけど、「裏ボスを倒す」という目標を持ってのレベル上げなら苦痛ばかりとは言えないんじゃないの?

後者については、そのレベル上げが終わった後の話ね。裏ボスでも瞬殺できるようなレベルまで上がったとして、君はその裏ボスを倒さずにゲームをやめてしまう?そんなことはないよね。実際は裏ボスを実際に倒してみる。そして、そうしないとわからないこともあったりする。実はレベル上げが足りなかったとか、レベルをそこまで上げなくても勝てたんだとか、いくらレベルを上げても戦術が下手だったら無理なんだとかね。そういうことを繰り返していってはじめて、ゲームの腕も上がるってもんじゃないの。

それを受験勉強に当てはめてみるとどうなるか、ってことだよ。

楽しいと感じる勉強意味があるのか」の「意味があるのか」は、精神論的な意味ではなく、「無駄ではないのか」の意味です。「意味があるのか」と書きますと、精神論的なそれと間違いそうになるので、できれば「無駄ではないのか」に変えて欲しいです。

いや、精神論馬鹿ってのはね、「苦しんでやらない努力無駄」というような迷信を根拠もなく信じてたりするもんなんだよ。

まあ、それはおいといて、俺が言いたかったのは、自分で考えて結論を出せそうもないことを延々と考える方がよっぽど時間無駄じゃないかな、と思ったわけ。たとえば、星一つない真っ暗な山の中で道に迷ったとき、「方角がわかれば迷わずに出られる」と発想するのは間違ってはいないんだけれど、そこで「北はどちら向きか」と考えても、手がかりがなければ結論だせないでしょ。だったら、一か八かでもどっちかに歩き出すか、あるいは日が昇るまでじっとしているか、何かそういうことをしたほうがいい。

そもそも、自分の勉強のやり方に意味があるかないかを自分で判断できないようなら、まだまだ経験の蓄積が足りないんじゃないかな。失敗も成功も含めてもっと経験を蓄積した方がいい。そうやって体で覚えないとなかなかものの考え方って身に付かないからね。

うーん。こういう体育会的なノリは少し僕は苦手です。というかそれこそ精神論的では、と思うのですが……

実を言うと、受験勉強自体が体育会的なんだよね。「これを勉強してなんか意味があるの」と聞かれても、たぶん答えは出ない。正直「勉強したらわかる、それを信じるかどうかは君次第だ」としかいいようがない。なんでかっていうと、学校で教えてることは、今までの人類の長い歴史での知識の蓄積を圧縮して詰め込んだものでしょ。昔の大天才が一生費やしても解けなかった問題を君は練習問題としてこなしていたりする。それが味気ないのは当然だよ。でも、その辺を一度は通過しておかないと、人類の現段階の到達点にはとても追いつけないでしょ。

そういうわけで残念ながら、現代では知の最先端に到達するためには「知識を詰め込む技術」というのもどうしても必須になる。そして、受験勉強をやるということは、その技術を習得するための過程でもあるんだ。むしろ教科書の中身よりも大事なのはそっちかもしれないね。教科書の中身を忘れることはあっても、勉強のやり方を忘れることはないからね。

記事への反応 -
  • 勉強が楽しい

    「勉強が楽しい」っていう状態は、結局突き詰めると「問題が解けるから楽しい」でしかないのかなあ。 (あ、ここでいう勉強っていうのは受験勉強・資格勉強とかの話ね) しかし、既...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080802014426

      えーとね、こういうのは経験しないとわからないことがあるから余り俺の意見を言っても仕方ないと思うんだよね。むしろ、人の意見を下手に聞くと間違って鵜呑みにして余計変なことに...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      試験以外の勉強もあることを忘れてないか。 自分が興味ある分野のことを知るのは楽しいよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      「問題が解けるから楽しい」というのは、 解答を導き出す行為そのものが楽しいのではなくて、 わからない状態から導き出せるように変化するのが楽しいんじゃないか? 導き出すこと...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080801234330

        「問題が解けるから楽しい」というのは、 解答を導き出す行為そのものが楽しいのではなくて、 わからない状態から導き出せるように変化するのが楽しいんじゃないか? 導き出...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080801234929

          他の増田も書いてるんで、同工異曲になっちゃうんだけど、 100%解ける問題を何度もやるのは意味がないわけだ。 問題が解けない状態から、ちょっとずつ解ける割合を増やしていく、 そ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080802021039

            他の増田も書いてるんで、同工異曲になっちゃうんだけど、 100%解ける問題を何度もやるのは意味がないわけだ。 やっぱ、ですよね。 問題が解けない状態から、ちょっとずつ解け...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      「解けない」と感じさせないくらい小さくステップを踏めばすごく楽しいよ 公文式の原理

      • http://anond.hatelabo.jp/20080801234738

        楽しいだろうけど、それは身になっているのか?って問題でさ。 楽しいってことは解けるから、ってことじゃないのかな。 で、解けるなら、既に解かなくてもいいわけで……解ける問題...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080801235427

          単に「解ける」じゃなくて「スラスラ解ける」までにしないと試験本番で使えないから、 「解ける」60%「知らない」40%ぐらいで復習かねるのが一番良いよ つうかどんな受験?資格試験?...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080802000344

            とするとやはり、少なくとも「スラスラ解ける」問題は、やはり楽しくてもやる意味はない、ってことかなあ。 6:4っていう割合は、どっから来たものなんでしょうか?公文の先生? ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      あんまり深く考える必要はないよ。 受験勉強とかそういう、「課題を与えられてそれを消化する」系のことは深く考えずに好きなようにやってりゃいい。 どうせやらなきゃならんのなら...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080802005034

        うぇーっと、そうじゃなくて、 どうせやらなきゃいけないなら楽しい方がいいのはそりゃそうなんですが、 楽しいという時点で意味がないのでは?ってのを僕は危惧してるわけですよ。 ...

        • http://anond.hatelabo.jp/20080802005452

          そういう小難しい建前論はよその人に任せておけばよいだけの話。 楽しかったら意味がないとかそういうつまらない精神論は三文の値打ちもないと俺は思うけどね。 勝てば官軍、負けれ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20080802011147

            やや、精神論の問題ではなく、実質的な問題じゃないですか。(だからこそ困っているわけで) 僕の仮説を読んでいただけましたか?あの仮説通りだとするなら、「楽しい」と感じてい...

            • http://anond.hatelabo.jp/20080802011624

              んー、正直「仮説」というほど根拠のあることとは思えないけどねー。論理的にも飛躍が多いし。自分のことだからその辺は冷静に見えてないんだろうけれど、もう少し落ち着いた方がい...

              • http://anond.hatelabo.jp/20080802012938

                んー、正直「仮説」というほど根拠のあることとは思えないけどねー。論理的にも飛躍が多いし。自分のことだからその辺は冷静に見えてないんだろうけれど、もう少し落ち着いた方が...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      自分の順位が上がる=他人に差をつけられるのが楽しい ってのが一番じゃね? テレビゲームなんかでも対戦が盛り上がるし。一人用でも楽しいけどさ。

      • http://anond.hatelabo.jp/20080802011907

        つまり勉強中に勉強を楽しく感じるのは、「これで他人と差がつくぞ」と感じられるから、ということですか? うーん、僕は確かに、模試なんかで成績がいいとうれしいですけど、それ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      大きな認識不足が1つあって、 それは解けると解けないを0か1かの2択で考えてるとこだと思う。 使える技術として定着するまでに勉強は数回繰り返す必要があり、 まったく未知から...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080802015348

        大きな認識不足が1つあって、 それは解けると解けないを0か1かの2択で考えてるとこだと思う。 使える技術として定着するまでに勉強は数回繰り返す必要があり、 まったく...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      苦しさのあとにこそ楽しさがあるって感覚を複数回体験すれば、パブロフの犬状態で苦しさが現れるだけで楽しさの予感でいっぱいになるんじゃね? 料理とか、他のものでも出来上がり...

      • http://anond.hatelabo.jp/20080802015909

        苦しさのあとにこそ楽しさがあるって感覚を複数回体験すれば、パブロフの犬状態で苦しさが現れるだけで楽しさの予感でいっぱいになるんじゃね? なるほど、その発想は完全にあり...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      屁理屈ばっかりこねる僕の返答に答えてくれた方々ありがとうございます とりあえずもう遅いんで寝ます 段々僕の中でも、考えが変わってきました。 あんな考え、仮説でもなんでもない...

    • http://anond.hatelabo.jp/20080801233145

      「勉強が楽しい」っていう状態は、結局突き詰めると「問題が解けるから楽しい」でしかないのかなあ。 何かが得られるから楽しいんだと思う。普通は解けない問題を延々考えるのは辛...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん