2019-11-18

anond:20191118123644

「魔導具師ダリヤうつむかない 」も2つコミカライズあるね

男向けと女向けで一応すみ分けてるんじゃないかな?

見比べると結構表現が違ったりする。

記事への反応 -
  • ・薬屋のひとりごと ・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 他にあるのかな、どういう都合で生まれるんだろう

    • 「魔導具師ダリヤはうつむかない 」も2つコミカライズあるね 男向けと女向けで一応すみ分けてるんじゃないかな? 見比べると結構表現が違ったりする。

    • 涼宮ハルヒの憂鬱 コミカライズの作者が当該作品のエロ同人を出してしまったとか出さなかったとか

    • 企画は漫画雑誌側が持ってくるもので、それが二つあったときに一つに絞る理由が原作側にない。

      • 共倒れしたときに損をするのは原作側も同じじゃない?

        • 何の損だ? せいぜい原作のイメージに傷がつくくらいじゃね。 コミカライズの失敗を前提にするなら並行展開はむしろリスクヘッジでは。

          • どっちも単独でやればそこそこの成功をおさめそうだなーというときに、両方やらせることで客層が分散して失敗ということがあるのではないかと思った。 片方が先に開始して、失敗っ...

            • それは漫画側の損であって原作側の損ではないな。

              • どうせやるなら原作側としてもコミカライズが成功したほうがよくね?

                • 原作側からすれば、異なる雑誌に連載すれば異なる読者にリーチできるので、そういうメリットはある。 もちろん、実際にはコミカライズをひとつしかしない作品が大多数なわけで、二...

                  • 丁寧にありがとうございました。 納得できた。まあ、読者側からすれば違う展開で話を作ってほしいと思うけどね。 今映画やってる冴えカノなんて ・そのままのコミカライズ⇒いまい...

    • 作家が頑固でコミカライズ権を独占的に譲渡しなかったんでしょ。 コミカライズ版の成否は漫画家の技量に関わっているわけで、特定の出版社の漫画家に譲渡して駄作に終わったら元も...

    • 海外文学の翻訳が複数生まれるのと同じかなと思った

      • それでも映画の配給権と同じで、翻訳の権利も絞られそうですけど 来るものは拒まずというのも変ですね

      • 元増田で挙げられてる作品が特殊なのは「同時期に同内容で連載されている」ということ 翻訳本が新しく出てるのは翻訳の独占権が切れたから他の出版社が新しく翻訳させたって話でし...

        • 時期のずれているコミカライズは元増田の例に含まないだろうな。 コミカライズではないがアニメなら(2期3期ではなくて)年月が経って最初から再アニメ化なんて話はかなりあるはず。

    • オイレンシュピーゲル 1つ目のはたぶんなかったことにされてる

    • クラッシャー・ジョウや餓狼伝が浮かんだが、前者は同一内容ではなかったと思うし(細野版読んだのがかなり前でうろ覚え)、後者は原作がラノベではないか

    • 昔はのう、義経記とか忠臣蔵みたいな歌舞伎・浄瑠璃の演目も 同じ話なのに、鶴屋南北とか近松門左衛門とか台本作家が複数いて 内容が少しずつ違っておったんじゃ

    • んなもん大量にあるわ

    • まおゆう、魔王勇者が3種類出てた。 絵が一番下手で単価やすそう量産効きそうなのだけ18巻まで完走して、絵が一番上手いのは別の原作あり漫画に行ったのか雑誌が終了したのか、ネ...

    • まおゆうとか?

    • 薬屋はそれぞれでちょっとずつ解釈違うから両方楽しい。どっちも買ってる。 絵はマンガUPのが好きだけど表情はマンガONEのが好き。

      • 解釈違いを楽しむ・・・そういう発想は無かった。メモメモ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん